最新の記事一覧はコチラ

部屋着を断捨離するメリットがすごい!捨てるべき理由&捨てた効果【経験者は語る】

部屋着って、めちゃめちゃ居心地いいですよね。

分かる分かる、分かります。

ただ、部屋着を断捨離して思ったことは

部屋着は捨てるべき

これにつきます。

部屋着を捨てるべき理由を紹介するので、部屋着を捨てようか迷っている人は参考にしてみてくださいね♪

部屋着の居心地よさはクセになる!ついつい着てしまう理由

部屋着ヘビーユーザーだったので、ついつい着てしまう理由は分かります。

なぜ部屋着を着てしまうのか、原因を言葉にしてみたので、うなずきながら読んでみてくださいねw

服のしめつけがない

部屋着って、ジャージだったりパーカーだったり、ゴムタイプのズボンだったり。

とにかく、ゆる~いタイプの服を着ますよね。

体に服のしめつけを感じない、あのゆるゆるな感覚、誰が考えても心地よすぎでしょ。

(そりゃぁ、着てしまうわ)

精神的なリラックス

外からか帰ってきて、そっこう部屋着に着がえる。

もうこれだけで、

家だぁぁあああ♡

って、リラックスできますよね。

マイホーム、らぶ。

まどか

汚してもいいという安心感

料理をしていても、ご飯を食べていても、床にゴロゴロしていても。

部屋着なら汚れてしまっても、全然平気!

それだけで、安心感がありますよね。

大事な服がヨレるのを防ぐ

部屋着で家の中を徘徊していた時期は、

なんで家の中で大事な服を着やなあかんの!?汚れるし、ヨレるし、絶対嫌やし!

なんて、思っていました。

 

あとは、「動きやすさ」とかも理由の1つですよね。

とにかく、部屋着を着る理由って、けっこうあるんですよね。

部屋着があることによるデメリット(捨てるべき理由)

では、ここからが本題です。

部屋着があることのデメリット(捨てるべき理由)を5つ紹介するので、

そっか、部屋着は捨てた方がいいよね。

って、思ってもらえたら幸いです。

すぐに横になってしまう

部屋着って体へのしめつけがないし、気持ちもリラックスするので、すぐにダラダラと寝ころんでしまいます。

寝ながらできることと言ったら、お昼寝、スマホ、テレビくらいでしょうか。

もちろん横になって休憩することは良いことですが、ダラダラと休憩時間が長引いてしまうのは、もったいないです。

活動量は少なくなり、体重は右肩上がり、たるみきったボディ、このままでいいんですか?

(捨てる気、わいてきた?w)

姿勢が悪くなる

部屋着って気持ちがリラックスする反面、姿勢はかなりくずれます。

家にいる間、ずーっと部屋着で姿勢もたるんでいたら、体幹の筋肉もゆるんでしまいます。

姿勢が悪いと、第一印象も悪くなるし、腰や肩も痛くなるし、たるんだ体になるし、いいことない!

出かけるのが嫌になる

部屋着で過ごすごしていると、ちょっと外に出かけるたびに「着がえ」というイベントが発生します。

もちろん化粧もしていないわけで、出かける前の準備がかさみます。

着がえと化粧がめんどいなぁ。出かけるのやめよう。

と、私はどんどん出かけるのが嫌になってしまいました。

若いころはスウェットで夜中のドンキとか行っていました、まじでお恥ずかしい。黒歴史。

まどか

「部屋着にすればいっか」と、捨てられない服が増える

部屋着という概念があるおかげで、服全体の断捨離がすすまなくなるのも、デメリットの1つです。

なぜなら、外出来なくなった服を「部屋着にする」という言い訳で、捨てなくなるからです。

しかし、実際に着ている部屋着って2~3着ですよね。

この服、部屋着にすればいっか。

こんな風に保管はしているけど、全く着ていない服、クローゼットにドッサリありませんか?

関連服を買うなら、捨てなさい」を実践してみた!(現在50着以内をキープ中)

「服を買うなら、捨てなさい」実践した8つのこと。

お気に入りの服を着る回数が減る

部屋着を着ていたころは、お気に入りの服は、大事に大事に保管していました。

汚れてしまわないように、ヨレてしまわないように。

しかし、いつまでたっても大事に保管することに重きをおいて、タンスのこやしになってしまった服がたくさんありました。

今思えば、本当にもったいなかったです。

毛玉だらけのヨレヨレの服を何回も着るくらいなら、家の中でもお気に入りの服を着るべきでした。

“お気に入り”って賞味期限みたいなものがあるので、大事にとっておいても、いつのまにか2軍以下の服になってしまいます。

まどか

部屋着を断捨離して変わった私の日常

ここからは、部屋着を断捨離したことにより私の日常の変化を紹介します。

部屋着を断捨離するメリットだと思い、読んでみてくださいね。

部屋着で過ごすことが耐えられなくなった

部屋着をやめて、朝起きたら外に出かけられる服装に着替えることにしました。

この習慣が身につくまでは、

部屋着で過ごしたいよぉ~。

なんて思いましたが、「朝起きたら着替える」をひたすら繰り返しました。

すると、1か月後には部屋着で家の中を過ごすことが苦痛になったのです。

\こんな風に思ったよ/

  • え、今までこんなにだらしのない服で過ごしていたの!?
  • 精神的なモチベーションが全然ちがう!!

朝一の着替えで、活動量が上がった

朝いちばんで着替えをすませると、それ以降の1日が活動的になりました。

娘が、「おでかけ!」って言ったらすぐに対応できるし、子どもが産まれるまでも

時間あるし、本屋さんでも行こうかな~。

なんて、気軽に出かけるようになりました。

また、なぜか掃除への意欲もたかまり、「玄関のたたきでも拭こうかな~」なんて思うこともしばしば。

活動量は間違いなく上がるし、ダイエットにも効果的ですよ。

年中「やる気スイッチ」を探している人は、朝一の着替えだけで行動力が上がるかも・・・!

姿勢がよくなった

部屋着の時よりだんぜん姿勢がよくなりました。

たとえ、ゆったりした私服を着ている日でさえも、です。

さらに、姿勢がよくなると、気持ちが晴れやかになりました。

(お気に入りの服を着て気持ちが晴れやかだから、姿勢がよくなったのか・・・?どっちが先かは不明w)

エプロンが必要になった

当たり前ですが、部屋着をやめてからは、料理中の油跳ねが怖いし、ケチャップなんて魔王です。

私服が汚れたら、かなりへこみます。洗う手間もあります。

そのため、部屋着をやめてからエプロンをつけるようになりました。

部屋着を断捨離するまでは、エプロンを着けたことがなかったので、エプロンの必要性を発見した瞬間でもあります。

関連エプロンの必要性についての記事はコチラ

エプロンってつける意味ある!?怠惰な生活をやめればエプロンが必要になる理由

服の枚数が減り、クローゼットがスッキリした

部屋着という概念をなくすだけで、服の断捨離がはかどりました。

なぜなら、「部屋着にすればいっか」の選択肢がなくなるからです。

捨てない理由が1つでも減るだけで、断捨離のスピードがかなり上がります。

 

また、部屋着がある人って、部屋着とパジャマを共有している人も多いのではないでしょうか。

私自身、部屋着とパジャマの境界線がない時は、1日中ダラダラ過ごしてしまっていました。

普段着とパジャマはきっぱり分けた方が、生活のメリハリがつきますよ

  1. 普段着
  2. パジャマ
  3. デートや女子会のためのオシャレ着
  4. 冠婚葬祭

保有する服を、この4つに分けてからは、服の断捨離がしやすくなりました。

お気に入りの服ほど、たくさん着るようになった

部屋着をやめると、普段着を家の中で着ることになります。

おかげで、お気に入りの服をワンシーズンで30回ほど着ることが出来ています。

昔は、“大事に保管”することばかり考えていました。

しかし、今はワンシーズンで着つぶすつもりで買うので、毎日お気に入りの服を着れるし、毎年その時のお気に入りを買いなおすことができます。

それって、お金かかるじゃん!

と思うかもしれませんが、そうでもありません。

\実はコスパが上がっている/

  • 買った服はすべて着つぶすから、「まだ着れるのに着ていない」という服がない
  • 毎日、普段着を着ているから、自分が本当に似合う服、着たい服が分かるようになってくる(買い物の失敗がなくなる)
  • ワンパターンの服装を良しとすることで、1番に合う服を何回も着れるから、コスパ最高

私の場合は、こんな理由から、買った服のコスパが上がりました。

毛玉だらけ&ヨレヨレの部屋着じゃなくて、毎日お気に入りの服が着れることは、本当に気分がいいですよ。

まとめ

部屋着を断捨離してゼロにしてみると、家での過ごし方がガラっと変わります。

行動力があがったり、服の所有に対する価値観が変わったり。

生活のメリハリのつけたい人は、ぜひ部屋着は捨ててみてくださいね。

合わせて読みたい記事

関連「片づけ、断捨離」に関する他の記事はコチラ

クローゼットのハンガーを統一したい!コストコのノンスリップハンガーがコスパ最高だった 「ぼくたちに、もうモノは必要ない。」元汚部屋女子による感想と実践したこと 断捨離で「捨てるor捨てない」迷った時の判断基準9つ!【即座に決着をつけたい時】 片付けられない汚部屋女子が断捨離を成功させた!20年の成長過程を総まとめ 「節約疲れ」を防ぐ6つの考え方と対策【楽しく幸せな今のために!】 日記を書く効果8つを教えるよ!日記歴23年で感じたメリットがすごい