最新の記事一覧はコチラ

カインズのウッドデッキが安くておすすめ!写真つきでレビューするよ

こんにちは、まどかです!

ウッドデッキをつけたいけど、実際に商品を選ぶのって結構悩みますよね。

値段は高いし、一度設置したら後戻りはできないので、我が家としても後悔だけはしたくありませんでした。

そんな私たちは2018年の4月に、カインズホームのウッドデッキを庭に設置。

結論から言うと、

他社よりも断然安いのに、使い心地は大満足!

ただし、サイズや色など種類を選ぶのには迷ったし、文句がないと言えばうそになりますw

どういう部分が良かったのか、残念だったのか、写真付きで紹介していきますね。

  1. カインズのウッドデッキって安いけど、実際どうなの?
  2. どんなサイズを選べばいいの?
  3. 泥とかで汚れたら、洗ったりできるの?
  4. 予約から設置完了までの流れはどんな感じ?

このあたりの疑問を解消できる内容になっているので、ウッドデッキ購入を迷っている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね~♪

資材を購入して自分でつくるDIYのレビューではなく、完成したウッドデッキの購入に関する記事です。

まどか

 

カインズのウッドデッキの種類と価格

ウッドデッキの種類、サイズ、価格などはカインズのホームページを見たら分かることなのですが、私たちが買ったウッドデッキがどのあたりのグレードなのかが分かるように、要点だけ紹介しておきますね。

デッキ、ステップ、フェンスから好きなものを組み合わせよう

カインズホームのエクステリアで購入できるウッドデッキは、デッキステップフェンスの3つの要素から成り立っています。

デッキだけ購入することも可能ですし、追加料金を払えばステップやフェンスも購入することができますよ。

では、それぞれのパーツの特長を確認していきましょう♪

①デッキのサイズ、色、価格

写真手前にある小さいものがステップになるので、後ろにある大きいデッキ部分の説明になります。

「リウッド」と呼ばれる、健康に配慮された素材でできた人工木なので、腐敗しにくく長持ちするのがうれしい特徴。

サイズと価格は以下の通り。

\公式サイトにのっている価格表/

参照:カインズホーム公式サイト

私がもらったパンフレットには、標準工事代や消費税が含まれた表がのっていたので、公式サイトの表よりも参考にしやすいかも!!

\工事代と消費税込みの価格表/

尺とか間での表記はちょっと分かりづらいので、カッコ内のmm表記で確認すると分かりやすいですよ!

当たり前ですけど、サイズによって価格が大きく変わります。

安く抑えたい方は、「必要最低限、デッキ部分に欲しいスペース」というのを意識してくださいね♪

色は4種類の中から選べます。


参照:カインズホーム公式サイト

色の選び方としては、家の外壁と近い色を選ぶと、自然な見た目になりますよ。

我が家の外壁は、レッドブラウンとナチュラルブラウンの中間色だったのですが、「少しでも明るい家にしたい」と思い、ナチュラルブラウンを選びました。

業者さんがサイズや見積もりを測りに来てくれるので、その時相談してみるのも参考になりますよ♫

まどか

②ステップの色、価格

ステップは、オプションになるので、+26,500円かかりました。

カラーバリエーションは、デッキと同じです。

ウッドデッキの高さを低くしたり、大人だけの生活ならステップがなくても過ごせるかもしれません。

子どもがいる家庭は必要だし、年を取った自分を想像すると「絶対いる!」と思いました。

③フェンスの素材、価格

我が家ではフェンスはつけていませんが、もちろんつけることも出来ます。

\公式サイトにのっていたフェンス/

参照:カインズホーム公式サイト

ちなみに、私がもらったパンフレットには、4種類の形が載っていました。

\パンフレットに乗っていたフェンスの種類/

ウッドデッキの向こう側が、崖っぽくなっている場合などはつけたほうがいいかもしれませんね。

あとは、ガーデニングをしたい場合は、ラチスフェンスだとよさそう!

もちろん追加料金はかかります。

参照:カインズホーム公式サイト

【写真あり】我が家が購入したカインズのウッドデッキ

ここからは、我が家が実際に購入したカインズのウッドデッキを紹介します。

写真付きで紹介するので、サイズや見た目の参考にしてみてくださいね♪

実際に買ったウッドデッキの、サイズ・色・合計価格

私たちが購入したウッドデッキのスペックは以下の通り。

  1. 5尺×1.5間のデッキ
  2. 色はナチュラルブラウン
  3. オプションでステップを追加
  4. 支払いの総額:16,800円(税込み)

先ほど紹介した価格表で確認してみると、我が家が購入したのは146,500円にあたるものです。

窓の大きさと比較した画像を作成したので、参考にしてみてください♪

お値段としては比較的やすい方なのですが、大人5人が横に並んで広々腰かけられるくらいの大きさですよ♪

家や庭の構造上、デッキの一部を切ってもらうことも可能(有料オプション)なので、相談してみてくださいね。

ウッドデッキの高さや、ステップの位置は自由に決めることができます。

カインズのウッドデッキを使ってみたレビュー!率直な感想と使い心地

実際にカインズのウッドデッキを使ってみた、率直な意見や使い勝手を紹介していきます。

ぜひあなたの生活に置き換えながら参考にしてみてくださいね。

我が子が窓から落下するリスクがなくなり安心できた

お外が大好きの1歳児、窓を開けた瞬間に外に行きたがります。

我が家は構造的に、窓から地面までの距離が高かったので、窓から落下するとかなり危険。

その点、ウッドデッキをつけた今では、窓からの落下のリスクがなくなったので安心です。

洗濯物を干すときに物置になって便利

我が家は庭で洗濯物を干しているのですが、ウッドデッキの上で洗濯物を広げられるのが便利でした。

それに、洗濯を干しているときも、娘が外に出たがるので、ウッドデッキの上で遊ばせられるのはかなり助かっています。

夏に間に合ってよかった!子どものプールではマスト

友達を読んで、複数人で庭プールをすることが多いのですが、その時に着替えや荷物が置いておけるのは助かります。

それに、母たちの腰かけ場所にもなって便利!

カインズのシェードを張って、日よけにしています。

裸足NG!炎天下だとかなり熱くなる

これはカインズのウッドデッキに限ったことではないと思いますが・・・。

炎天下の日差しを浴びたデッキは、かなり熱くなります。

裸足では急いで4,5歩くらいしか歩けないので、スリッパを履いて歩いています。

皮膚の薄い子どもの足だと、簡単にやけど状態に陥ると思うので、気を付けてください。

汚れてもホースで簡単に洗える(雨でも綺麗になる)

選んだデッキの色が濃ければ濃いほど、砂や泥の汚れは目立ちます。

ただ、高圧のホースシャワーでシャ~~っと洗えば、ゴシゴシ洗わなくても綺麗になります。

(もちろんホースもカインズ製品を使用w)

鳥の糞とかも、ホースでツルンとキレイになりました!

ただし、なかなか乾かない日だと、水の跡がしばらくつきます。

カインズの公式サイトでは、デッキブラシやたわしによる水洗い、洗剤洗い、サンドペーパーによる研磨などのお手入れ方法が載っているので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

まどか

小さい子どもがいると、角がなんとなく危ない

デッキ面にねじ止めが無く、ささくれも発生しにくい素材であるため、表面でケガをすることは少ないかもしれません。

(ツルツル素材ではないので、こけたら膝は若干すりむくかも)

しかし、私が気になるのが、角!

一応カバーはつけてくれていますが、子どもが転んで頭からぶつかったら・・・・なんて考えると結構こわいです。

ウッドデッキの近くでは走らせないようにした方がいいかもしれませんね。

まどか

比較的安くつけられたので大満足

総合評価としては、大満足です。

ウッドデッキは最低でも20万円以上かかると思っていたので、10万円台で施工費込みでつけられたのは助かりました。

記事の後半では、他社のウッドデッキの価格比較なども紹介しているので、ぜひそちらもチェックしてみてくださいね♪

濡れた部分の色が濃くなるので、毎日毎日あんぱんまんを書かされています(笑)

100均などに売っているマヨネーズを入れるボトルに水をいれると、ウッドデッキやコンクリートに落書きができるので、楽しいですよ!

\子どもが大喜び/

カインズのウッドデッキ、予約→施工→完成までの流れ

  • STEP.1
    見積依頼をする
    まずは、見積を自宅まで取りに来てもらうための依頼をします。店舗で行うことも出来るし、子公式サイトの予約フォームから依頼を出すことも出来ます。店舗なら、その場で見積もり日が決定しますが、公式サイトからだと後で電話がかかってくるのかな?(知らない、ごめんねw) 
  • STEP.2
    自宅で見積もりをとってもらう
    サイズや色、オプションの追加、設置場所などを、業者の方と相談しながら決定し、料金を提示してもらいます。友達が価格交渉したらしいけど、出来ないみたい!。
  • STEP.3
    料金を一部支払う
    前金として、一部料金を店舗で支払います。後から追加で料金を支払うのがめんどくさかったので、カードで全額支払いをすませました。(引き落としは、施工後です。)
  • STEP.4
    施工日が決まる
    取り付けてくれる業者さんから電話がかかってきて、取り付け日が決定します。予約が多く、1か月後と言われたのですが、その後運よく「明後日、キャンセルが入ったけど、どう?」と言っていただき、見積依頼から1週間で設置できました。ラッキー!
  • STEP.5
    1日で取り付け完了
    当日は、朝9時から15時まで、おっちゃんが1人で取り付けてくれました。日中、家に入れる日に予約を入れてくださいね♪

とりつけの予約日は、1か月以上先になることが多いみたいなので、「この時期までには付けておきたい!」と思うようでしたら、お早目の予約がおすすめですよ。

カインズホームのウッドデッキページ

我が家は、なんとしても庭プールの時期までには間に合わせたかったので、思い切って春に決意しました!

まどか

【他社と比較】カインズのウッドデッキは安い!

私はもともとカインズホームの日用品などが大好きで、カインズ愛が止まらず、1週間に2回は来店します(笑)

このカインズ愛と、カインズのウッドデッキの安さが決めてで、購入を決定したのですが、

「本当にカインズのウッドデッキは安いの?」

という疑問をお持ちの方へ、価格の比較を行いました。

比較するのは大手3社

ウッドデッキ販売で有名なメーカーと言えばこちらの3社。

  1. YKKap
  2. リクシル
  3. 三協アルミ

そして、カインズホームのウッドデッキは、YKKapの「リウッドデッキ200」という商品です。

このため、今回購入したカインズのウッドデッキを、リクシル・三協アルミの2社と価格比較をすることにしました。

1番安いのはカインズホームだった!

すべて人工木、施工費抜き、税抜き、オプション抜きでカインズ(YKKap)リクシル三協アルミのウッドデッキを比較してみました。

私たちが購入した、1.5間×5尺サイズの価格はコチラ!

  • カインズ(YKKap)・・・96,400円
  • リクシル・・・199,720円
  • 三協アルミ・・・165,700円

え、え、え、比較してみると、こんなに差があるなんて、私も予想外でした。

ただし、YKKapのサイトで同じ商品のものを確認すると、170,500円だったので、カインズ特別価格なのかも・・・。

(ちょっとそのへんは、調べが追い付いてません、ごめんね。)

カインズの商品は、選べるオプションなどに限りがあるけど、YKKapから直接購入すると、かなり豊富なバリエーションからデッキやオプションを選ぶことができるから、そのあたりの違いなのかもね。

💡参考にした公式サイトはコチラ

※すべてウッドデッキのページへ飛びます

さらに安く値段を抑えるなら、手作りキットを注文してDIYしてみてね!

数万円で作れるものもあるみたい!

まとめ

我が家は、2800万円の住宅ローンを返済していく必要があるし、家族で旅行もたくさん行きたいです。

そのためなるべくウッドデッキの費用が抑えたいので、カインズを選びました。

YKKapの大手メーカーの商品だけあり、ウッドデッキそのもの自体も満足しているのですが、何よりウッドデッキがあることで生活が快適になったことがとてもよかったです。

子どもがいる家庭では、お庭遊びやプールだけでなく、洗濯などの家事の時も重宝しますよ♪

なるべく値段を抑えたい!という方には、コスパ抜群のカインズホームのウッドデッキがおすすめです。

合わせて読みたい記事

「ゆうちょ小銭貯金」で浪費を減らす!やり方と楽しむコツを解説するよ 子育て中の主婦なのに初月で2万円!在宅ワークは誰でも稼げると実感 【経験談】建売住宅を購入後「こんなはずじゃなかった!」と困ったこと 住宅ローンの返済計画|2800万円を長期固定で借りた我が家の場合。 リビングにトイレ、子育て中は助かるよ!使って分かったメリット&デメリット