年賀状はアプリで!早期割引をチェック

DIGA(ディーガ)の全自動録画&スマホからのテレビ視聴が快適すぎた!口コミ&レビュー

我が家はついに『DIGA(ディーガ)』を買ったのですが、これが本当に優れもの。

  • 全自動録画のおかげで、録画忘れや見逃しの心配がなくなる
  • スマホやタブレットから、テレビや録画が見れる
  • スマホやタブレットから、録画予約ができる

もちろん録画した番組を、DVDなどにうつすことも出来ます。

あらゆる「めんどくさい」をカットでき、スキマ時間に録画番組を楽しめるのは本当にありがたいです。

娘にテレビを占領されていても、私はタブレットで放送中の番組や録画したものを見れるのです、うれしい!

まどか

3ヵ月ディーガを使ってみましたが、本当に満足しているので、レビューします。

  • DIGA(ディーガ)のすごいところ(私の活用法)
  • DIGA(ディーガ)のデメリット
  • DIGA(ディーガ)の選び方

これらを紹介するので、快適にテレビを楽しみたい方は参考にしてみてくださいね~♡

\私が買ったのはDMR-BRX2050/

商品をみてみる≫DMR-BRX2050

パナソニックのDIGA(ディーガ)とは?

『DIGA(ディーガ)』は、パナソニックが2003年から発売しているVHSレコーダー・DVDレコーダー・BDレコーダーのブランド名。

初代ディーガ(DMR-E70V)は15年以上前に発売されており、ビデオやDVDを楽しむためのものでした。

\初代ディーガ(2003年)/

画像:パナソニック公式サイト

見た目がかなり懐かしいですよね。

DIGA(ディーガ)のここがすごい!5つの便利な機能

現在のディーガは、初代のころには考えられないくらい、すんごい機能が搭載されています。

実際に使ってみた使用感も一緒に紹介していきますね~。

\5つの機能を紹介するよ/

  1. 全自動で録画が出来る
  2. スマホやタブレットでテレビを見れる(家の外に持ち出せる)
  3. 動画配信サービスが見れる
  4. 録画編集ができる
  5. 写真や音楽を保存&共有できる(おうちクラウド機能)

①全自動で録画が出来る

私が重宝しているディーガの機能の1つが

全自動でテレビを録画し、容量がオーバーしたら古い物から勝手に消えていく

という機能。

設定したチャンネルを、設定した時間分、ずーっと勝手に録画してくれるのです。

まどか

我が家はお気に入りのテレビチャンネルが3つあり、だいたい見る番組はこの3チャンネルの18時~夜中の2時に収まっています。

そのため、この3チャンネルの18時~夜中の2時は常に全自動録画でおとりおきしているため、「見逃してしまう」という概念がなくなりました。

容量がいっぱいになると勝手に消えてしまいますが、5倍速録画で3週間分は保存できています。

補足
全自動にて「おとりおき」したものは、自動で消えていってしまいますが、番組ごとに録画したものは自動で消えることはありません、ご安心を♡

「おとりおき」したものは、録画番組として保存することもできますよ。

何日分を「おとりおき」できるの?

全自動でおとりおきしておける日数は

  • 選べるチャンネル数(機器によって異なる)
  • ディーガの容量
  • 録画する時間の長さ
  • 倍速モードの設定

これらによって、おとりおきしておける期間は変わります。

我が家が買ったDMR-BRX2050は、全自動録画ができる機種の中では1番容量が少なく、2TB(最大6ch×16日間)。

3チャンネル8時間ずつ、5倍速で3週間保存できているので、参考にしてくださいませ。

\全自動録画が出来る機種/

  1. DMR-UBX7050 7TB(15倍速で、10ch×28日間)
  2. DMR-UBX4050 6TB(15倍速で、6ch×28日間)
  3. DMR-BRX2050 2TB(15倍速で、6ch×16日間)

※2019年2月現在

②スマホやタブレットでテレビを見れる(家の外に持ち出せる)

(※著作権に配慮し、モザイク)

自宅にWi-Fi環境があれば、スマホやタブレットからディーガに接続することが出来ます。

「どこでもDIGA」という専用のアプリがあるので、iPhoneやandroidならインストールがが可能。

\かなり便利/

  • スマホやタブレットで、放映中の番組や録画した番組を見れる
  • スマホやタブレットから、録画予約や削除ができる
  • スマホやタブレットに、録画した番組をダウンロードができる(家の外に持ち出せる)

我が家にとっては、リビングにテレビが1台増えたも同然。

タブレットを使って、スキマ時間に自由な場所でテレビを楽しんでいます。

我が家も愛用しているのは、Huawei(ファーウェイ)のタブレット。

\1万円台で買えるおすすめタブレット/

商品みてみる≫HUAWEI T3 8

タブレットの中では格安なのに、android搭載で機能は十分。

ディーガ、動画配信サービス、漫画アプリ、雑誌購読などに使用しています。

長時間のお出かけの時は、録画番組やAmazonプライムビデオをダウンロードし、持ち歩いています♡

まどか

③動画配信サービスが見れる

今や誰でも1つは登録しているのではないでしょうか、動画配信サービス。

全自動録画がついたディーガ3機種については、こちらの動画配信サービスをテレビでうつすことが可能です。

(対応サービスは、今後増えるのでは・・・?)

私はプライムビデオdTVに登録しています♡

まどか

ただ我が家はAmazon fireTVstickを購入済みなので、ディーガからは接続していません。

Amazon fireTVstickならyoutubeもテレビで見れるし、ディーガよりも対応している動画配信サービスが多いのでおすすめですよ。

商品をみる≫fireTVstick

関連youtubeはアプリからAmazon Fire TV Stickに接続がおすすめ!(簡単、映像なめらか)

④録画編集ができる

ディーガは、録画した番組の編集をすることができます。

CMの部分をきりとったり、自分の好きなシーンだけ保存したり。

\こんな時に大助かり!/

  • 保存しておきたいドラマや映画のCMカット
  • ニュース番組の、ワンシーンのみを保存
  • 歌番組の、好きな歌手だけ保存

好きな部分だけ残せるから、容量を節約することにも繋がります。

最近のレコーダーなら、たいていこの機能はついていると思いますが、我が家にとっては初めての機能なので重宝しています。

⑤写真や音楽を保存&共有できる(おうちクラウド機能)

自宅にWi-Fi機能があれば、スマートフォンで撮った写真をディーガに保存したり、CDの音楽を保存したりすることが出来ます。

そして、その写真や動画、音楽を家族で共有することが可能。

家族の写真を共有したり、スマートフォンの容量節約のために写真データを移動させたりするのには便利です。

ただ、我が家の場合は

  • 娘の写真は、アプリ「みてね」で共有
  • 写真のデータは「グーグルフォト」で保存

しているため、この「おうちクラウド機能」は使っていません。

昔はCDを大量に持っていましたが、現在は6500万曲が聞き放題のAmazon musicに登録しているため、CDはほとんど手放しました。

Amazon music

ディーガの残念なところ

10年以上前のテレビ(録画機能やDVDデッキ内臓)を使っていたので、ディーガはもう快適すぎて快適すぎて。

とくに残念なところは見つからないのですが・・・・。

ただあえて残念なところを挙げるとしたら、リモコンかな。

テレビやテレビ内蔵のDVDデッキなどの操作も可能な、ハイテクなリモコン。

ハイテクすぎて、私にはわけが分からなくなります(笑)

え、今なんの操作しているの!?

と、よく分からなくなりますが、私がアホなだけでしょうか・・・・w

あ、あとデメリットというか注意点としては、宣伝文句の「10チャンネル28日間が全自動録画!」なんていうのはアテにしちゃだめです。

最大が28日間なだけであって、それは15倍速(低画質)で保存しているだけだから!

我が家の32型で見るならまだしも、50型の4Kテレビを持っていたら15倍速は画質が悪いらしいですよ。

5倍速くらいで、必要なチャンネル数、必要な時間帯だけ撮るのが吉です。

まどか

DIGA(ディーガ)の選び方

ディーガってめっちゃいいよ~♡とおすすめしたいのですが、機器の種類がたくさんあります。

そのため、機器の選び方を紹介しますね。

全自動録画がついている機器はコレ!

2019年2月現在、公式ホームページで16種類のディーガが紹介されています。

その中で、全自動録画の機能がついている機種はわずか3種類。

  1. DMR-UBX7050 7TB(最大10ch×28日間)
  2. DMR-UBX4050 6TB(最大6ch×28日間)
  3. DMR-BRX2050 2TB(最大6ch×16日間)

たった3つ。

この中から選べばいいだけ、簡単でしょ?♡

何番組の同時録画が必要か考えてみよう

全自動録画ができる3つの機種に絞ったので、あとは何番組の同時録画が必要か考えてみてください。

我が家のように3チャンネルでいいや~と思うのであれば、②か③の機種。

いやいや、10チャンネル録画したい!と考えるのであれば①を選択。

もちろん容量が大きいほど値段も高くなるので、そこはお財布と相談してみてくださいね。

\楽天市場で値段をチェック/

ただ、1番安い③DMR-BRX2050はボイス検索が出来ないのでその点は注意してくださいね。

(スマホから入力検索できるので、ボイス検索はなくてもいいとは思います。)

あとは、テレビと接続するときにHDMIケーブルを追加購入したので、購入前に接続ガイドを読んで付属品の有無を確認してみてくださいね~♡

ディーガ公式サイト(こちらの「接続ガイド」の説明書で確認してみてください)

まとめ

ディーガを使い始めて3ヵ月たちますが、育児や家事のかたてまにテレビを楽しむにはかなり重宝しています。

  • スマホから番組表ワンタッチで録画完了
  • 娘が寝たすきに、タブレットにイヤホンをさしてテレビ鑑賞
  • 娘の好きなアナ雪を録画し、CM編集、DVDダビング、タブレットで鑑賞

こんな感じで、かなり役立っています。

レコーダーを探し中なら、ぜひディーガも候補に挙げてみてくださいね♡

\私が買ったのはDMR-BRX2050/

商品をみてみる≫DMR-BRX2050

おすすめの記事

new新着の記事一覧はコチラ

マクスゼンの4Kテレビ55型レビュー!4万円台の格安テレビのコスパを検証(評判&口コミ)ダイニングテーブル「サイズ160cmの豆型」なら4人から8人まで対応可能!使用感を解説するよカインズのウッドデッキが安くておすすめ!写真つきでレビューするよエプロンってつける意味ある!?怠惰な生活をやめればエプロンが必要になる理由一軒家も型落ち3万円のダイソンで十分!最新版と比較&使用感を紹介赤ちゃんから1歳すぎても!実際に長く遊んだおすすめおもちゃ7選チャイルドシートの乗せかえから解放!2台目を購入してみたレビュー【elevate(エレベート)】【洋服の収納】たたむより、ハンガーが断然おすすめ!6つの理由を紹介するよ【断捨離】雑誌はいつまで取っておく?捨て時&ため込まない方法【本の感想】『医者が教える 人が死ぬときに後悔する34のリスト』を読んでみた。