最新の記事一覧はコチラ

子育て中の在宅ワークのデメリット|本当に今その仕事をする必要ある?

1歳児の子育て中の主婦まどかです。

娘が生後5か月の時に在宅ワークを始めてみたら、初月から2万円稼ぐことができ、始めて半年後には月8万円の収入がありました。

子育て中の主婦なのに初月で2万円!在宅ワークは誰でも稼げると実感

「家でも仕事が出来るんだ!」と、自由な働き方に感激して、そのまま9カ月のあいだ在宅ワークを続けたのですが、目先の収入よりも大事だと思える4つのことに気づき、月8万円稼げる在宅ワークを辞めた過程をつづります。

正直最初は「月8万円・・・辞めるのもったいないかも(+_+)」と悩みましたけどね。

  • 「在宅ワークがなんだかしんどくなってきたけど、辞めるのはもったいない・・・。
  • 「在宅ワークをやってみたいけど、デメリットもはじめに知っておきたい」
何かしらヒントになると思うので、参考にしてみてくださいね~♪

まどか

在宅ワークのメリットも確かにすごかった!

私が以前かいた記事「子育て中の主婦なのに初月で2万円!在宅ワークは誰でも稼げると実感」でも紹介したのですが、娘が生後3ヵ月の時に、クラウドワークスで仕事を見つけ、1歳になるまで在宅ワークをしました。

最初はアンケート回答からはじめ、その後ウェブサイトのライターや運営の補助などのお仕事をさせていただき、子育てや家事いがいにやりがいを持てて、とっても楽しかったです。

調子のいい時は、1時間で3000円ほど稼げていたこともあり、娘の昼寝時間だけでも6~8万円の収入を得ることが出来ました。

 

こんなことだけを聞くと在宅ワークってすごい!子育てママの味方!なんて思えますよね。

  • 通勤時間が不要
  • 化粧や着替えなどの身支度が不要
  • パソコン1つで仕事が出来る
  • 自宅で子育てしながら働ける
  • スキマ時間でお小遣い稼ぎが出来る

実際に、0歳児の子育てをしながら、家で仕事が出来るって、本当にありがたかったです。

住宅ローンや家計のやりくりは、夫の収入でまかなっており、私が稼いだお金はすべて家族の遊びに使う予定だったので、稼げば稼ぐだけ「あそこに旅行できる~!」と夢が膨らみました。

なにより、会社員としてしか働いたことがなかったので、新しい働き方にウキウキしました。

まどか

在宅ワークを続けていて気付いた4つのデメリット

家で仕事が出来て、お金がもらえるってすげー!って思っていたのですが、続けていくうちにデメリットも感じるようになりました。

同じような状況に陥っている人もいるのでは・・・?

私が感じた在宅ワークのデメリット4つをご紹介しますね。

デメリット:①家で働けるからこそ時間の使い方が難しい

会社員だと、出社して退社するまで仕事を行い、家に帰ったらプライベートな時間。

自宅にいても仕事の電話がかかってくる場合もありますが、それでもほとんどは受容的なスケジュールの中仕事をしますよね。

私も看護師時代は「出勤したら仕事を行い、退社したら仕事から解放される」これが当たり前だったので、仕事とプライベートのON&OFFは切り替えやすかったです。

 

しかし、「やりたい分だけやっていい」システムの仕事を委託されていた私は、娘の昼寝時間、娘が夜寝た後の時間、つまり私が自由に過ごせる時間をほとんど仕事に費やしました。

  • ブログの記事も書きたいが、仕事をすれば目先の収入が増える。
  • とても読みたい本が目の前にあるが、今月の目標金額は達成したい。
  • たまにはゆっくりDVDでも・・・・いやいや、仕事仕事!

今やりたいことを無視し続け、今じゃないいつか使うお金を稼ぐために時間配分をしてしまっていました。

デメリット:②作業時間の確保のために休息が不十分になる

私は睡眠時間は比較的長く必要なタイプの人間です。

看護師時代も、夜勤の日は不整脈が出ていました。

0歳児の育児って、夜中何度も起こされるので、それだけで睡眠不足になるのに、娘が寝ている時間に仕事をしていたのだから、当然不整脈も出ます。

イライラだってしていました。

疲れているから今日は寝よう!と思っても、仕事しなくちゃ!っていう呪いにかかっていました。

まどか

デメリット:③娘のぐずりに寛容になれなくなる

娘が寝ない。

寝てもすぐに起きてしまう。

イコール、仕事の時間が確保できない。

当然、娘が夜に何度もぐずるとニコニコなんてしてられません。

家族で楽しい経験をするために仕事をしているはずなのに、日常の子育てを楽しく過ごせないだなんて、本末転倒もハナハダシイですよね。

でも在宅ワークをしているママにとっては、結構おちいりやすい課題なのではないでしょうか。

デメリット:④時間の浪費!お金以外残るものがない

委託されていた仕事は、おもしろく感じていた時期もあります。

ライターや記事の構成を作る仕事をしていたので、そのスキルを自分のブログにも生かせることができ、やってよかったとも思います。

自分の携わったウェブサイトが成長していくのも楽しかったですよ。

でも、作業に慣れてくると、だんだん頭が機械化していき、何かを生み出している感覚もなければ、感動なんてありません。

 

自分のブログの記事であれば、読んでくれている方がいるだけで感動です。

(まさにこの記事を読んでくれているあなた♡ありがとうございます!!励みになります!)

自分の思ったこと、経験したことが、誰かの役に立つ。

自分自身を育てるよりも、自分が生み出したものを育てる方が幸福感が高い、とも言われていますが、まさにブログで実感しました。

 

それに引き換え、委託された仕事に関しては、自分の時間をお金に換えていただけの作業でした。

もっとやりがいを持てたら、在宅ワークがもっと充実していたのかもしれません。

目先の収入よりも大切にしたい4つのこと

在宅ワークをしてみて、メリットもデメリットも経験することが出来たので、トータル的にはやってよかったです。

そして、辞めてよかったです。

在宅ワークをしたからこそ、大切にすべき4つのことに気づけました。

大切なこと:①心と体のゆとり

ゆとりがあると、前向きな気持ちになれるし、他人の失敗にも寛大になれます。心に余裕のある人は、信頼されやすい傾向もあるようです。

母親がいつもゆとりがあり機嫌がいいだけで、家族が幸せになれますよね。

育児だけでも、心身の余裕がなくなりやすいのに、さらに追い打ちをかけるように仕事に時間をとられていたころは、私にゆとりはありませんでした。

でも、とにかく今は家事育児に専念する!(そしてブログを楽しむ!)と、腹をくくった今、ゆとりが生まれたのです。

大切なこと:②お金にならないけど楽しいこと

お金や時間の制限を感じていなかった小学生時代は、録画したテレビを何回も何回も見ていました。

毎日オンエアで見たテレビを全て録画し、週末もう全ての番組を見返していた時期もあります。

(あのときHuluとかの動画配信サービスがあったら、永遠に見ていたやろなぁ~。)

何が言いたいかというと、

昔は「楽しい」という理由だけで、やることを決めていました。

行動の原動力が、「わくわく」「おもしろい」「楽しい」なのです。

それに引き換え、大人になった今は「お金」とか「時間」などの効率を、頭の中で計算してしまうようになり、純粋な「やりたい!」という感情がおきざりになってしまいました。

そして在宅ワークをしていた時はさらにこの考えが加速し、「目標金額」のことで頭がいっぱい!ほんま呪いですよ、これw

 

でも人生って「楽しい」「夢中」って思える時間をどれだけ過ごせるかが、幸福度を左右するんです。

仲のいい友達とお昼から喋りはじめて、気づいたら11時間たっていたなんて時は、本当に充実感がありました。(喋りすぎw)

 

そして、もう1つ大事なポイントは、

時間が出来たらやろう!と思っていた先延ばしにした「楽しい」ことが、将来時間があいた時にやってみて「楽しい」って思えるかどうかは不明という点です。

 

私は中学生の時、勉強も部活もそれなりにやっていたので、自由な遊びの時間に制限がありました。

そのころの願望は「永遠に好きな映画を観ていたい!」です。

そして、「老後の楽しみは、毎日の映画鑑賞にしよう!」って決めていました。

それから十数年たちますが、今はあの時ほどの映画愛はありません。

「楽しい」と思えることには、どうやら賞味期限があるようです。

今思う「楽しい」ことを先延ばしにする癖がついてしまうと、何も楽しいことをしないまま時間だけが過ぎ、そしてそのまま寿命をまっとうする・・・・わぁぁぁぁ!!なんか恐ろしい!!!

まどか

大切なこと:③家族との時間

家族との時間は、在宅ワークをしている時も「大切」だと思っていました。

だから、私の仕事時間は「娘の睡眠中だけ」と決めていたのですが、それ以外の時もついつい仕事のことを考えてしまい、心ここにあらずの時が多々あったのです。

人間って一度にいろんなことを考えているつもりでも、結局1つのことしか考えることは出来なくて、家族と一緒にテレビを見ていても、考え事をしていれば、それは「1人で考え事をしている」も同然です。

家族との時間を大切にしているつもりでも、実はおろそかになっていたことに気づけた私はラッキーでした。

大切なこと:④ブログ運営

仕事をしていた時は、ブログの記事よりも仕事を優先していました。

仕事でもライターとして記事を作成する業務だったのですが、他人のサイトを育てるよりも、やっぱり自分のブログを育てたほうが何百倍も充実感があります。

自分のブログに投稿した言葉や記事は資産でもあるので、長い目で見たら収益にも繋がりますしね。

もし私と同じように、「ブログをしているけど、ライターとして仕事も受けたい(受けている)」という方は、ブログがおろそかにならないように気を付けてくださいね♪

まとめ

お金が必要だけど、外で働くことが出来ない事情がある人にとっては、在宅ワークは重宝します。

それに、プライベートと在宅ワークをうま~く両立出来たら、とても素晴らしいことです!(羨ましい)

しかし、在宅ワークをしている中で私みたいに「あ、なんか違うな」って思ったら、思い切って辞めるという選択肢もありますよ。

稼げるようになると、辞め時が分からなくなりがちなので、

これから在宅ワークをしてみたいって思う人は、「どんな状況になったら辞めるのか」という辞め時を考えておくのもアリです。

 

とはいうものの、私は在宅ワークをやってみて、お金を稼ぐことの多様性を実感できたことはとても良かったので、挑戦してみる価値はありますよ!

おすすめの記事

子育て中の主婦なのに初月で2万円!在宅ワークは誰でも稼げると実感 「ゆうちょ小銭貯金」で浪費を減らす!やり方と楽しむコツを解説するよ 「もったいない」で決めたことって、人生の質や幸せを高めてくれるの?という疑問。 貯金はいくらあれば安心できる?お金を目的別に貯めてみたら不安が消えたよ 汚部屋を脱出して激変した私の価値観!モノが減るとこんなに変わるよ