Amazon知育おもちゃ特集

車の費用はボーナスで一括貯金&家計簿の分離がおすすめ!気が楽になるよ♪(生活費ギリギリな人向け)

我が家は家計がギリギリなのですが、その中で車購入の費用を貯蓄するのは結構大変。

10年おきに200万円の車を購入するとしても、夫婦1台ずつなので計400万円。

さらに、車検代、税金代、タイヤ代、オイル交換代など、頻繁に大きな出費が待っています。

家計簿はつけているのですが、車関係の大きな出費があるたびに

今月も大赤字だぁぁぁああ(´;ω;`)

と、取り乱していました。

 

そんなとき、同じく家計がギリギリの友達に

車関係はボーナスで先取り貯金をして、そこから全部をまかなうって考えたら楽になったよ!

と、言われたのです。

\つまり/

  • 車関係専用の口座をつくる
  • ボーナスの時に、30~40万円いれる
  • その口座から、車検代やガソリン代を払う
  • 残っている分は貯蓄していき、買い替え時期までに数百万円貯まる

というもの。

で、実際にやってみたらかなり気持ちが楽になったので、方法を詳しく紹介させて頂きます♡

生活費の家計簿とは別で考えるので、いちいち車関係の出費に一喜一憂する必要がなくなりますよ。

家計簿のやりくりにつまづいている人は、参考にしてみてくださいね~♡

まどか

関連子育て中の主婦なのに初月で2万円!在宅ワークに挑戦してみた体験談(最終8万円)

子育て中の主婦なのに初月で2万円!在宅ワークは誰でも稼げると実感

車関係の出費は、かなりメンタルがへこむよね

夫婦共働きで毎月手取りが50万円!

なんていう家計であれば、毎月のやりくりも余裕があるかと思いますが・・・。

我が家のように、家計はいつもギリギリ!なんていう場合、車関係の出費にいちいちメンタルやられます。(よね?)

  • え!?もうタイヤの買い替えの時期!?うわぁぁぁぁああ
  • 今年車検2台分あるじゃん・・・ボーナスさよなら~~~。
  • 今月自動車税の振り込みが・・・ひぃぃいいいいいい
  • ちょっとまって、そろそろ買い替えの時期じゃね?チーン

みたいなね。

もうね、家計簿の特別出費の記入欄が埋まる埋まる。

もう、車買うのやめとこか。

なんて言いたくなりますが、田舎暮らしでは1人1台が必須。

車の出費はある程度見通しが立てられるものでもあるので、いちいちメンタルやられているのはもったいない。

そのため、車関係の出費に関しては、生活費の家計簿とは別件で考えましょう!という話です。

車関係の出費と貯金に関する5つのポイント

ここからは具体的に、車関係の出費と、貯金の方法について紹介していきます。

私はこの方法で、かなりメンタルが落ち着いたので参考にしてみてくださいね。

①家計簿をつけるなら、車関係の出費は別の財布と考えよう!

家計簿をつけていると、車関係の大きな出費があるたびに、赤字月になってしまいます。

ただお金の出入りを記録しているだけの家計簿であれば、それでいいかもしれません。

しかし、家計簿をつけることによって、

この生活を続けたら、毎年赤字なのか黒字なのか知りたい

などの目的を持っているのであれば、年によって出費額がことなる車関係の費用を含めていては、ちょっと参考にしにくいとも言えます。

車検やタイヤ交換があった年は赤字だし、なければ黒字。

結局この生活続けてて、家計はなりたっていくの?貯金はできるの?

なんて疑問がわいてきます。

だからこそ、車関係の費用は完全に別件として考えた方が、分かりやすいと言えます。

②ボーナスは30万円~40万円、別口座に先取りしよう!

ではどうやって別件として考えていくのか、という点ですが。

いたってシンプル。

ボーナスが入るたびに、30~40万円、車費用専用の口座に入金していくという方法。

そして、車検や税金などはこの口座から支払っていきます。

残ったお金は全て貯金し、車の買い替え費用にあてましょう。

という流れです。

③ボーナス月に先取りする金額は、こうやって割り出そう

ボーナス月に30~40万円先取りしよう!なんて言っても、

その金額で、すべての車関係の費用がまかなえるの!?

ちゃんと車の買い替え時期にお金が貯まっているの!?

なんて疑問がわいてきますよね。

ただ、先取りする金額は、すべての出費を計算したうえで決定するので、ちゃんと貯まるのです。

我が家の場合は、このように算出しました。

  • 毎年かかる自動車税:40,000円(2台分)
  • 1年間にかかっているガソリン代:18万円(2台分)
  • 2年に1度かかる車検代:20万円(2台分)
  • タイヤやオイルの交換代:4年で30万円(2台分)
  • 車購入費用は10年おき:400万円(2台分)

合計、10年で795万円かかります。

つまり、1年間に約80万円必要なので、ボーナスのたびに40万円先取りすれば間に合う計算。

旦那のヴェルファイアを来年軽自動車にかえるので(通勤しか使っていないので)、軽自動車に変えた後の税金やガソリン代で計算しています。

まどか

④車貯金から、車検代、ガソリン代、もろもろ諸費用を払おう

40万円の先取り貯金をしたら、もう怖いものなし。

車検やガソリン代、タイヤ代などは車貯金から支払えばOK。

もちろん10年後の買い替えごろには、1台200万円貯まっている予定なので、車代も心配する必要なし。

ただ、我が家の場合は自動車保険は月々の固定費で計算をしています。

医療保険や娘の学資保険など、保険類は全て年払いなのですが、それを月払い計算で固定費として月々の出費に組み込んでいます。(家計簿上は)

自動車保険も車貯金からまかないたいのであれば、その分もボーナスから先取りしてくださいね。

友達の場合は、ガソリン代は月々の生活費として計算し、自動車保険は車貯金からまかなっているようです。33万円先取りしているとのこと。

まどか

車のグレードによっても、月々の先取り金額は変わるので、計算してみてくださいね♡

⑤車費用の先取り貯金をするメリット

車費用のボーナス先取りをすると、我が家の場合はボーナスのほとんどを車貯金に持っていかれます。

ただ、「何も考えずに過ごして、年間の余った分だけ貯金する」というスタイルでは、車の買い替え費用は貯まりにくいのも事実。

だってボーナスが入ったら通帳が潤うし、贅沢したくなるじゃないですか(笑)

でも、車の費用をボーナスから先取りすることで、こんなメリットがありますよ。

\メリットいっぱい/

  • 車検や自動車税などの大きな出費の時に、「今月、大赤字だぁぁあ!!」とへこまずにすむ。
  • 車の購入費用がなかなか貯まらないと焦らずに済む。
  • ボーナスの先取りをしたら、余った分で安心して遊んだり家電を買ったりできる。
  • 毎月の生活費を、どれくらいのお金でやりくりするべきなのか明確になる。

私にとっては、心の安心感が得られたのが1番のメリットです。

車関係の出費を気にせず、月々のやりくりを考えられるのはありがたい!

まどか

それでも車の購入費用が足りなかったら・・・

ここまで、ボーナス貯金で車関係の出費をまかなう方法を紹介してきましたが・・・・

  • ボーナス貯金だけでは足りなさそう~・・・。
  • 気づけばあと2年で車の買い替え時期・・・間に合わない。

なんてこともありますよね。

こんな時は、リースにて車を借りるという手もありますよ。

一般的な車のローンとは違い、

  • 支払いは月々1万円(車種による)。
  • 車検代も込み。
  • いつでも解約OK。
  • 乗り換えや買取りが出来る。

といったシステムのため、2年おきの車検代を気にせずにすみます。

私の周りでは、家族持ちの子は結構リースを活用している子が多いので、その時にシステムを知りました。

「まどか~、5年リースして、なんとか200万円貯めてボクシー買い取ったよ~。」

なんていう友達もいます。

リース期間中は車検による出費がないため、貯金がしやすいようですよ。

有名どころのリースだと、リースナブルでしょうか。(JUクレジット年間総合グランプリ2年連続優勝らしい。)

結構車のラインナップがあるので、いろいろ迷いそう。

子育てに重宝するタントは、月々8000円(ボーナス払いなしだと月々2万円)でリースできるみたいです。

もしリースなら、

子どもが3人目できた!3列シートに乗り換えたい・・・。

なんて時も、簡単に乗り換えができるので子育て中はいいかもしれませんね。

車種と価格をチェックしてみるリースナブル

公式ホームページだけでは分かりにくい部分もあるし、審査などもあるようなので、電話で気になるところを質問してみてくださいね。

ただ、我が家はリースやローンよりも買い取りの方が気持ちがスッキリするので、できるかぎり一括支払いを目指します。

まどか

(ローンは住宅だけでお腹いっぱい・・・w)

関連住宅ローンの返済計画|2800万円を長期固定で借りた我が家の場合を紹介するよ

住宅ローンの返済計画|2800万円を長期固定で借りた我が家の場合。

まとめ

  • 車関係の出費は、月々のやりくりとは別件で考えよう
  • ボーナスから車関係費を一括貯金しよう
  • 車貯金から、車検や自動車税、ガソリンなどを払おう
  • 生活費とは別で考えると、気持ちが楽になるよ
  • 買い替えに間に合わないなら、リースという選択肢もあるよ(リースナブル

我が家みたいに生活費がギリギリだと、家計簿をしっかりつけている主婦にとっては自動車税も

「この時期がきたか・・・・ひぇぇええええ(´;ω;`)」

なんてメンタルやられているのではないでしょうか。

車貯金の方法を教えてくれた友達や私は、ボーナス一括貯金でやりくりすることで、月々のやりくりは心に余裕が持てました。

余っている口座でもいいので、とりあえず車用の口座を用意して試してみてくださいね♡

おすすめの記事

関連「節約と貯金」に関する他の記事一覧はコチラ

貯金はいくらあれば安心できる?お金を目的別に貯めてみたら不安が消えたよ「ゆうちょ小銭貯金」で浪費を減らす!やり方と楽しむコツを解説するよ子育て中の主婦なのに初月で2万円!在宅ワークは誰でも稼げると実感住宅ローンの返済計画|2800万円を長期固定で借りた我が家の場合。【住宅ローン】住信SBIに申し込んだ体験レポ|ネット銀行って安いけどサービス内容大丈夫?部屋着を断捨離するメリットがすごい!捨てるべき理由&捨てた効果【経験者は語る】【断捨離】雑誌はいつまで取っておく?捨て時&ため込まない方法一軒家も型落ち3万円のダイソンで十分!最新版と比較&使用感を紹介片付けられない汚部屋女子が断捨離を成功させた!20年の成長過程を総まとめ夫向けの本『妻のトリセツ』をアラサー妻が読んだ感想と考察。(産後のイライラに困っているママに超おすすめ)【雑誌】子連れでお出かけどこ行こう?の悩みは「こどもとあそぼ!」1冊で即解決♪