最新の記事一覧はコチラ

【出産レポ】陣痛のはじまりから分娩終了まで!時間は初産の平均だった

3082gの女の子を、15時間で産んだ初産の出産レポです。

私は妊娠中、出産が不安でした。

いや、もうめちゃめちゃビビってました。

陣痛ってどんな感じ!?きたらすぐに分かるもんなの!?

めっちゃ痛いって聞くけど、どう乗り越えたらいいの!?

先輩ママの出産レポをすがるように読みました。

毎日毎日(笑)

たくさんの経験談を読むと、少しずつ出産をイメージできるようになったし、とても励みになったので、本当に助かりました!!

ありがとう!先輩たち!!

 

そこで!

せっかくなので自分の出産レポを紹介し、誰かの役に立ったらいいな~と思ったので、初産の出産体験談を紹介させていただきますね♪

 

記事の後半では、

  1. 出産時に絶対必要な2つのもの
  2. 出産時にしない方がいいこと
  3. 痛みにビビっていた私が参考にした「キセキの出産方」

これらも紹介するので、ぜひぜひ参考にしてみてくださいね~♪

あなたの出産の励みになりますように!

まどか

本陣痛の始まりまでの話

切迫早産なのに予定日超過!

私は妊娠3か月から切迫流産と診断され、長らく寝たきり生活をしていました。

医師からは

「動くと生まれちゃうよ!ひたすら寝てて!」

と、おどされ検診帰りはいつも涙目。

 

妊娠9か月のころには、かなり赤ちゃんが下の方に降りてきてしまっており、早産になってもおかしくない状況。

ぎりぎり入院をまぬがれながら、やっとの思いで迎えた臨月。

臨月になったし、動き始めたからすぐに産まれるやろなぁ。明日かなぁ。明後日かなぁ。

こんなことを考えながら、毎日ドキドキ過ごしていました。

 

が、しかし!

陣痛が来ない。

待っても待っても陣痛がこない。

なぜ!

そして、あれよあれよと予定日超過

 

なんでやねん。

なんでやねん。

私の安静生活返せ!(違う)

前駆陣痛とおしるしっぽいものはあったよ!

予定日超過をした私ですが、予定日の2週間前から前駆陣痛はありました。

こんな症状があったよ!

  • 子宮口が3cmに開く
  • 褐色っぽい少量のおしるし(?)が出る
  • 10分おきの前駆陣痛が1~3時間続く

38週からこんな調子だから、すぐに産まれると思ってました。

しかし、予定日がすぎ40週6日の検診日、ついに先生から告げられたのです。

 

「そろそろ出してあげた方がよさそう。明後日、誘発しようか。」

 

・・・(;´・ω・)

 

あんなに出産を待っていたのに、いきなり現実味がわいてきて、その日はドキドキしながら帰宅。

その日の夜は、お腹の娘に「強制退去だね~(笑)」って話しかけながら布団に入りました。

まどか

【陣痛開始】まさかの5分間隔ではじまった!

妊娠してからは、すこぶる不眠。

寝付けない日々でした。

誘発分娩を告げられたその日も、目を閉じて睡魔がきてくれることを待つことに。

 

すると・・・23時半。

 

「ズシーーーーン」

全身に響く生理痛のような痛み(重み?)が突如おとずれたのです。

いきなりです。

 

明らかに今までの前駆陣痛とは違う!って分かりました。

「前駆陣痛」と「本陣痛」の違い

  • 前駆陣痛はお腹が「キューー!」と張っているような感覚
  • 本陣痛は全身に響く明らかな「痛み」

※個人的な意見です。

おおおおお!!!

と、ドキドキしたものの、いそいで陣痛感覚を計測。

 

そして、驚いた。

間隔が5分や。

うそやろ。

もーはい5分やで。

やばいわ、これ、はよ病院行かなあかん。

切迫やったし、スピード出産や、これ。

 

寝ている旦那をたたき起こす。

旦那はスッと起き、ササササッと着替えや入院の荷物の準備をすませてくれました。

いつ陣痛が起きてもいいようにシュミレーションしてたんやで!

 

ちなみに!

陣痛を経験したことがない妊婦さんって、前駆陣痛との違いなんて分かりませんよね。

私もその1人だったんですけど、本陣痛と間違えてフライング入院したことがあります。

「これって陣痛?」って少しでも思ったら、まよわず病院に電話してくださいね!(夜中でも!)

フライング入院なんて恥ずかしいし迷惑かも・・・。

なんて思わなくて大丈夫です!

フライング入院しておくと、本番の時に入院の手続きをスムーズに行えるので、慌てなくてすみます。

私はフライング入院しておいてよかったって思ったよん♪

【1時間後】病院に向かう途中ですぐに2分間隔へ

陣痛1発目から感覚5分をたたきだした私ですが、車に乗り込んだころにはすでに2~3分。

 

やばい。

やばいでこれ。

車の中で出産や。

世界まる見えとか、アンビリバボーでよく見るやつやん。

 

無事25分かけ病院に到着し、NSTを装着。

1:00(陣痛開始から1時間30分陣痛感覚は2分

陣痛室での話

【3時間後】まだ我慢ができる程度の痛み

車で出産する展開はおこらなかったものの、病院ついたころには陣痛感覚が2分

 

さすがに朝方には産まれるやろな。

夜のうちに頑張って、朝はゆっくりご飯でも食べよや。

 

 

なーんて考えてたのに。

なんでや。

全然産まれそうにない。

 

痛み自体は、まだ声を出さず耐えきれる程度なんだけど、なんせ2分間隔。

休む暇なくずーーーっと痛みがある状態。

「最初の10分間隔の時は、痛みがない時にあんがい休めるよ~♪」

っていうアドバイス、うそやんけ。

 

そして、痛みを静かに耐えられた時期はあっという間に終了。

陣痛から4時間後には

「あぁぁぁああああ!!!!!」

「うぅぅぅぅぅうううううう!!!」

と声が漏れ出るほどの痛みに変わっていきました。

 

【6時間後】絶望!激痛なのにまだ子宮口5cm

6:45(陣痛開始から5時間45分

院長おはよう!

朝早くから出勤おつかれさま♡

なんて会話ができるわけもなく、激痛にもだえくるしむ私。

今思えば、すでに「痛みのピーク」は始まっていた。

 

な、の、に!

子宮口5cm。

 

おそい!

開くのが遅すぎる!

 

  • お産がすすんでいない。
  • 常に激痛で体がこわばっている。

これらの理由で、鎮痛剤を打ってもらうことに。

ソセゴン(鎮痛剤)+アタラックスP(安定剤)

おしりにプスッと注射してもらいました。

 

なんと、鎮痛剤がかなりいい仕事をしてくれ、だいぶ痛みが和らいだんです。

すごい!

すごいぞ鎮痛剤!

 

おかげで朝ご飯を3割ちかく食べられました。

この時到着した母、

「なんで2分間隔の人が座ってご飯を食べているの・・・。」

と驚いていました。

 

長引く出産はほんとうに体力勝負です!

休息とエネルギー補給のためにも、鎮痛剤の使用は意義がある!と実感。

プリンとココア500mlも摂取しておいて本当によかったです、元気とパワーがみなぎりました。

(コンビニにダッシュしてくれた旦那にも感謝)

【9時間後】痛みが和らぎ小刻みに睡眠をとれた

8:30(陣痛開始から9時間

8時間におよぶ2分間隔の陣痛がありながら、まだこのとき子宮口7cm

ただ、鎮痛剤のおかげで助産師さんまだ会話が出来るほど、少し余裕がありました。

薬ってすご~~い!!!!

 

安定剤のおかげで眠気もあり、2分間隔のわずかな合間に小刻みの睡眠もとれました。

ありがたい。

1分弱という単発的な睡眠だったので、小刻みにたくさんの夢を見たよ。

ニワトリやウサギを出産する夢を見たよ(笑)

まどか

【11時間後】激しい痛みで号泣!もうだめだ

10:45(陣痛開始から11時間15分

ありがとう鎮痛剤。

さようなら鎮痛剤。

和らいでいた痛みが、再び激痛に変わりました。

陣痛が1分間隔の時もあり、ほとんど継続している壮絶な痛み。

 

陣痛室には旦那と実母がいたのですが、実母はのたうち回る私に顔面蒼白。

え、大丈夫?

顔が青いけど、大丈夫?

「ふぅーー。ふぅーー。」っていう息が聞こえてくるけど、痛みに耐えてるの私ですけど(笑)

 

あかん!ほんま痛いわ。

耐えられずナースコール。

 

来てくれた看護師さんに

「痛めどめ打って~!!!」

と、懇願。

しかし

まだ使えません。1時間開けましょう!

と言われ撃沈。

 

絶望すぎて泣いた(笑)

 

「頑張って赤ちゃん産まなあかんのに、ママの私が泣いてちゃだめだよね。」

なんて、一切思わなかったね!

遠慮なく、泣いたよね!

 

助産師さんに

「ママになるんだから、泣かないの~!」

なんて言われたけどね。

知らんがな。

 

ただ助産師さんは天使だったよ。

私の腰とか足を何度も何度もさすってくれた。

お産が進むように体制を整えてくれた。

本当に、献身的に介助してくれました。

助産師さんになりたいなって思ったわ。いやまじで。

 

ちなみに、陣痛を耐えるときには目を開けていたほうがいいみたいです。

目を閉じると自分の世界に入っちゃうから、冷静になるためにも目は開けててくださいね。

まぁ、私はずっと閉じてたけどね(笑)

 

旦那はずっと体をさすってくれたし、声かけもしてくれて心は一身同体。

母もずっとそばにいてくれました。

娘がもだえている姿を見るのは辛かっただろうに。

【12時間後】胎児の回旋異常!医師が帝王切開を考え始める

11:45(陣痛開始から12時間15分

ようやく2回目の痛め止めを打ってもったのですが、痛みが強すぎるのか全く効果ありませんでした。

痛みはMAX。

つ、つらすぎる。

 

痛みMAXになってから1回いきんでスルンと出産する人もいるそうですね。

ウラヤマシイ。

 

そして、胎児の回旋異常が発覚。

回旋異常について

赤ちゃんって生まれる時、産道をくるくる回転しながら出てくるんだけど、上手く回れないと頭がひっかかっちゃって出られない。

自然に正常な回転に戻らなければ吸引分娩緊急帝王切開になってしまうので、回旋異常はあなどれません。

(参考文献:病気が見える vol.10 産科 第3版 メディックメディア)

回旋を正常に戻すため、助産師さんが内診しながら赤ちゃんを誘導してくれたり、右向きで寝たりして、なんとかなりました。

アリガタイ。

【13時間後】子宮口9cmで謎の質問「体力はある?」

12:30(陣痛開始から13時間分

2分間隔の陣痛が12時間つづき、

ようやく子宮口9cm

な、長かった。

ここまでくるのに長かったよ。

 

もう少しで分娩台のれるからいきむ練習をしようね~」

と助産師さんに言われ、終わりが見えてきたこともあり、気持ちがちょっとだけ前向きになれました。

 

で、

このとき、なぜか助産師さんに「体力はある方?」と聞かれました。

「ある!」と答えたら分娩台に乗せてくれると思い、私は即答。

 

あとで知ったことだけど、「ない」と解答すれば緊急帝王切開になっていたそうです。

赤ちゃんが降りてきていないため、分娩台に登ってから体力がかなり必要な状態だったみたい。

分娩台に乗ってからの話

【13時間後】分娩室へGO!15分で産んでやるぅぅ!!!

13:15(陣痛開始から13時間45分

やっと!

ついに!

分娩台にのるよ~ってことで、分娩室まで移動。

 

よっしゃ!

そっこう産んだるで~~~!!

 

と気合が入り、用意してくれた車いすにも乗らず10mくらいの廊下を徒歩で移動。

早く終わりたい気持ち一心で、分娩台へサクサク登れたあたり、女性は根性あるなぁ~と思いました。

 

待ちに待った分娩代!

ここまでくれば、あとは15分くらいだよね!

とモチベーションも上がってきたので、助産師さんのOKが出た瞬間から全力でいきみました。

 

この陣痛の波を最後にする!という気持ちで、毎回全力。

渾身の力をこめたよ。

ひといきみ入魂!みたいな。

 

が、しかし、産まれない。

頑張ってるのに、ぜんっぜん産まれない。

 

もう今日は産むのヤメヨウカナ。

アシタマタガンバロウカナ。

【14時間後】自然破水ドバーーー!赤ちゃんの心拍が落ち始める

13:45(陣痛開始から14時間15分

全力でいきみ始めて30分、ここにきてようやく自然破水

 

助産師さんや先生からは

「頭見えてきてるからね~、進んでるからね~」

という前向きな励まし。

 

でも私は気づいてしまった。

「あれ・・・もしかして赤ちゃんの状態がよろしくない・・・?」

 

気づいちゃったこと

  • モニターを見るたびに、赤ちゃんの心拍数が下がっている。
  • 助産師さん4人+院長というVIP体制。
  • 緊急対応のための医療機器を準備している。

そ、それ挿管の準備だよね・・・?

(※赤ちゃんが呼吸しなかった時に助ける医療器具)

あぁ、なんてこった。

いろいろ不安になってきた。

 

でも私にできることはただ1つ。

必要なタイミングで全力でいきみ続けること。

いきみ続けるって、本当に体力が必要。

出産前はたくさん散歩をして体力をつけましょう!と言われる理由を実感しました。

 

そして、いきむタイミングも本当に重要。

子宮の収縮(陣痛がきている時)にいきむことで、子宮が赤ちゃんを押し出す力を最大限いかすことができます。

陣痛がない時にいきんでも「今は休んで!しっかり呼吸して赤ちゃんに酸素送ってあげて!」と指導されました。

いきむタイミングは助産師さんの声掛けにしたがってね。

 

旦那は隣でお茶を飲ませてくれたり、うちわであおってくれたり、「今いきんで~!」「今はゆっくり呼吸しようね~!」って声をかけててくれて、心の支えになりました。

【15時間14分後】ついに!やっと赤ちゃんを出産!

14:44(陣痛開始から15時間14分

想像以上に出産というイベントが壮絶で、

「今日は産むのはやめておこう!明日また頑張ればいいよね!」

って1000回くらい思ったよ。

そんなこと出来ないことくらい分かってるから、頑張ったけどね!

 

「お外の世界においで~楽しいことがいっぱい待ってるよ~!」

と何度も心で話しかけながら全力でいきみました。

 

そして!

ようやく!

「もういきまなくていいよ~。」

という助産師さんの声掛けとともに、赤ちゃんがひっぱられて出てきました。

(赤ちゃんのおしりが途中でひっかかったため、再度いきんだけどねw)

 

出てきてすぐは赤ちゃんの全身の色が悪かったからヒヤヒヤしたよ。

真っ青だった。

でも、すぐに泣いてくれて顔色もよくなっていきました。

 

がんばってよかった!

無事に産まれてきてくれて本当によかった!

 

会陰裂傷と切開により、チクチクと30分くらい縫ってもらうという痛いイベントもおわり、ようやく赤ちゃんをだっこ♪

ただ赤ちゃんは仰向けだったから顔が見えないし、痛みと疲労で

「なんか重いなぁ~。これが赤ちゃんか~。」

程度の感情でした(笑)

 

【追記!】陣痛の痛みを忘れていくのと同時に出産の記憶も忘れていってしまう中、あのときの重みだけは1年以上たっても鮮明に思い出せて、じわじわと感動しています。

まどか

ちなみに「わが子を抱いたらその瞬間に陣痛の痛みなんか忘れちゃう」なんてよく聞くよね。

私はそんなことなかったですよ(笑)

尾てい骨と会陰の痛み、疲労のあまり出産後2日目までは自分のことでいっぱいいっぱいでした!

出産直後に母性がぶわぁぁぁぁあああ!!!!とわいてくる人もいますが、私の場合1年育児をしてようやく母親になった実感が鮮明になりました。(遅くてもいいのだ!)

\1年育児をしてみたよ/
0歳児の育児が楽しくなくてもいいんだよ!1歳過ぎたらこんなに変わるよ

出産に向けての3つのアドバイス

ここからは、少しでもあなたの出産の助けになるような情報を伝えたいと思います。

アドバイス①:出産のときに「体力」と「糖分」の2つは超必要!

出産時に必要なもの:①体力

出産で必要なものは、とにかく体力です。

初産だと出産が12時間~15時間はかかるようです。

私の出産が15時間くらいだったので、壮絶だったけど平均です。

 

個人差があるので、3時間程度で産む人もいれば3日間かかる人もいるので、本当に出産は未知ですよね。

しかし出産が長丁場になったときに、私が緊急帝王切開をまぬがれたのは、体力があったからです。

あるに越したことはないので、とにかく体力をつけてくださいね。

 

私は切迫だったので臨月まで安静生活でした。

寝たきりの毎日が続いていたので体力が完全に失われたのですが、臨月に入ってからでも体力づくりに間に合いました!

 

どうやって体力を作ったかというと、「散歩」です。

  • いろんなイオンをめぐり店の中を2時間以上歩いたり。
  • 旦那とポケモンGOをしながら1時間以上散歩をしたり。

毎日散歩をしただけでも、かなり体力がつきました。

家中の掃除をするのもおすすめです。

 

あと「いきむ時の力の入れ方」についてですが、分娩台で足は台を押す、腕はバーを引くという方法を指導されました。

つまり、足と腕の筋力もかなり必要でした。

スクワットとかペットボトルをダンベル代わりに持ち上げたりする筋トレを2人目妊娠した時はしようかなと思ってます。

出産時に必要なもの:②糖分

出産のときに味方してくれるのは、糖分です。

陣痛に耐えている時もかなりエネルギーを使うので、複数の糖分を用意しておいてくださいね。

痛みが強い時は、病院のご飯を座って食べることが難しくなります。

そんな時、スルスル~っと流し込めるプリンや、糖分たっぷりのジュースは摂取しやすかったですよ。

 

分娩室にはお茶しか持って行かなかったけど、ジュースも持って行けばよかったな~と思いました。

病院行くまでの道のりにコンビニがあれば、甘いプリンやゼリーなど糖分を買って行こう! 入院バッグに入れておくのもおすすめ♪

まどか

アドバイス②:出産の時は「顔」に力をいれちゃだめ!

「顔に力を入れていきむと、顔中に内出血が出来ちゃうよ!」

これは私が友達にアドバイスをしてもらったことです。

 

顔に赤い斑点が出来てしまっても、数日で消えていきます。

しかし、友達は内出血のせいでかなり気分が落ち込んだと話しています。

入院中の面会も、すべて断ったと言っていました。

 

友達に忠告されていた私は、顔になるべく力がかからないようにいきみました。

すると顔のかわりに、胸元に点々と内出血が出来ました。

(2~3日で消えました)

のちのちは消えていく内出血、壮絶な出産をのりきった勲章でもあるのですが、顔には作りたくないな~という人は、いきむときに顔に力を入れないようにしてくださいね!

いきんでる途中で、首の下あたりに赤い点々が浮き上がってきたから、びっくりしたよ!それほど大変だったんだね・・・。

アドバイス③:痛みが怖い妊婦さんに知って欲しいMINMIの考え方

\12分で見れるよ!/

陣痛の痛みを不安に思う私に、友達が教えてくれたMINMIの「痛くないキセキの出産方法」

私も陣痛中試してみたよ!

実際に痛みなく出産を終えた人もいるようです。

まぁ、私は痛かったけどね!笑

ただ、出産に対する考え方は動画をみたことで変わりました。

赤ちゃんと一緒に出産を乗り越えるんだ!という勇気になったし、「大丈夫、頑張ろう!」って思えました。

たった12分で、出産の勇気がわくのであれば、見ておいて損はないですよ。

おわりに

長々と読んでいただきありがとうございます。

自分としては本当に壮絶な出産だと思っているのですが、1週間後には「よし、2人目の時もがんばるぞ~♡」なんて思えました。

本能ってすごいですね。

あと、自分の出産体験は、人に話すとかなり気持ちがスッキリしますよ。

ぜひ助産師さんや身近な人にたくさん聞いてもらってくださいね♪

もし私のように、ブログに出産レポを書いてみたよ!という方がいれば、まどか(@madoka2939)まで連絡ください♪

喜んで読みにいきまーす♡♡

子育てに関する記事一覧はこちら  

【おまけ】出産までに入れておきたいおすすめアプリ

ノハナ(nohana)

\登録は無料!30秒で完了するよ/

毎月1冊もらえるフォトブック印刷 ノハナ(nohana)

毎月1冊もらえるフォトブック印刷 ノハナ(nohana)

nohana, Inc.無料posted withアプリーチ

※インストール無料!登録簡単30秒(無料)

出産後、写真が膨大に増えるので、写真の残し方を考えておくこともおすすです。

ノハナは送料226円のみで、毎月無料でフォトブックが作れるので気軽に作れました。

\使い方やレビューはコチラ/
ノハナ(nohana)のレビューと使い方|子どもの写真はとりあえず格安フォトブックで残しておくのが正解&安心!

おすすめの記事

【出産準備リスト】入院前に用意すべき必要最低限なもの&あったら便利なもの 出産の内祝いギフトを金額別に「喜ばれたものだけ」紹介するよ♪ 立会い出産で旦那がとるべき行動&事前に知っておくべき9つの衝撃的光景 切迫早産で絶対安静中にぜひ!経験者が教える暇つぶし方法5選 【出産準備】もうすぐ産まれる赤ちゃんの寝るスペースを作るために断捨離! 【赤ちゃんのおもちゃ】買ってよかったものベスト3(生後3カ月) 子育てママの掃除機選びは「ハンディ&コードレス」のダイソンが最強なのだ! 赤ちゃんから1歳すぎても!実際に長く遊んだおすすめおもちゃ7選