≫「まどかの暮らし方」早わかりガイド

一軒家も型落ち3万円のダイソンで十分!最新版と比較&使用感を紹介

1歳児の子育て中の主婦まどかです。

テレビでCMを見るたびに、ダイソンが欲しい欲しいと思い続けること5年、ようやく2017年にダイソンDC35(つまり型落ち)を購入♪

  • 型落ちは最新版に比べてどのくらい劣るの?
  • 一軒家でもハンディの掃除機でまかなえるの?
  • マキタと迷ってるだけど、どっちがいいの?
こんな疑問にお答えするような内容になっているので、ダイソンの購入を迷っている方は参考にしてみてください♪

まどか

子育て中のママには、こちらの記事もおすすめ
子育てママの掃除機選び!ハンディタイプがおすすめの5つの理由

旧型ダイソンと最新ダイソンとの比較

私が購入したダイソンDC35は2011年2月に発売したものですが、楽天やAmazonでもまだまだ発売しています。

2016年5月に発売された最新モデル(2018年5月現時点で)のダイソンV8と値段、能力などを比較してみます。

値段の比較

値段の比較は重要なポイントなのですが、実は販売店や付属品の有無でかなり差があるのが現状です。

 

公式サイト、楽天、Amazon、Yahoo!ショッピング、実店舗を個人的に調査した結果、最新モデルV8は、4万円台~10万円台と、かなり幅があります。

 

もし購入する際は、付属品の内容をしっかり確認してください!

 

布団ツール、延長ホース、ミニソフトブラシとか、ゴチャゴチャ付属品が多いモノは高いのですが、最低限でいい人は4万~5万円で買えます。

 

そして、型落ちDC35は、2万円台から購入できます。

送料入れても3万円いかないモノも売っているので、こちらも付属品をチェックして、必要なモノのみ最安値で購入できるように、ショップをチェックしてくださいね~!!

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

最安値チャレンジ◆ダイソン DC35MO 限定セット
価格:27800円(税込、送料別) (2018/3/10時点)

ダイソンの最安値を一覧でチェック

楽天市場 Amazon Yahoo!ショッピング

掃除能力の比較

私は友達にダイソンV8を使わせてもらったので、旧型と最新型の比較ができるのですが、掃除能力についてはなかなか実感しにくいのが事実です。

とくに、フローリングの場合は、吸引力の違いが分かりません。ペットの毛やホコリがたくさんついたカーペットなどでは、違いが出るのかもしれませんね。

とはいうものの、性能的にはかなりパワーアップしているようです。2012年モデルから2013年モデルへの移行だけでも、以下の違いがあるほどです。

  • 吸引力は1.5倍
  • 排気の微粒子を99.97%カット
  • 騒音が50%カット

ただ、毎日型落ちのDC35を使っている私が言えることは、吸引力が不十分と感じたことは一度もないということです。

バッテリーの比較

公式サイトに分かりやすく運転時間が紹介されていました。

もはや、私が使っているDC35の紹介は公式サイトには載っていませんでした(笑)

最新版のV8と、旧型のDC35の違いはコチラです、

 

  • ダイソンV8:約40分
  • ダイソンDC35:約13分

 

ぜ、全然違う~~~~!

V8よりも少し古いV6は約20分なので、V8は相当すごいです!!

 

でも考えてみてください。

 

掃除機を40分も使い続ける状況って、自宅ではそうそうないですよね。

私は40分も掃除なんてし続けたくないです(笑)

 

事実、普段の掃除でバッテリーの充電が切れるほど掃除機かけたことないです。

もし、13分ではさすがに足りないわ~!と感じる方は、DC35よりも新しくてV8よりも古いダイソンV6あたりの購入を検討してみてもいいかもしれませんね。

実際に使ってみた!使用感の比較

実際にDC35とV8の使用感を比較しました。

 

↑の写真はV8なのですが、DC35に比べてヘッドがスムーズに回転します。

方向転換のしやすさは抜群でした。

ただ、逆にヘッドが左右にぶれやすいため、DC35で慣れている私としては操縦しにくく感じました。

また、吸引力に関しては先ほども紹介した通り、フローリングでは一切違いは感じられませんでした。

 

しかし、違いを感じた部分もあります。

それは音です。

最新のV8はさすが!と思いました。

DC35の半分程度の吸引音です。

(一軒家で使用した私の体感)

 

一軒家なら、DC35でも全然音の大きさは気になりませんが、壁が薄いタイプのアパートの場合は、考慮が必要かもしれません。

見た目は、V8の方が高機能っぽさが際立ってます!特にヘッドあたり。ただ、パッと見はどちらも同じようなダイソンなので、大丈夫です(何が)

まどか

めんどくさがりな人こそダイソンがおすすめ

めんどくさがりの私にとって、ダイソンがピッタリだった理由を2つ紹介します。

理由①:掃除を始めるまでのステップが少ない

心理学でも「やる気がないから行動ができない」のではなく、「行動すればやる気が出てくる」と言われているのは有名ですよね。

 

ダイソンは充電器からパフっと外すだけでスタンバイOK!

その間わずか2秒。

掃除機をかけるという行動を起こすまでのステップが、かなり短いのが特徴です。

 

わざわざ「コンセントをひっぱりだして、コンセントがある位置まで移動させる」なんていうめんどくさいステップはないんです。

チャっとだし、シュウィン!と吸い、また2秒でチャっとしまうだけです。

 

こまめに掃除機を使うようになったし、何よりすぐ行動にうつせるから、自然とやる気もついてきて、「よし、水回りの掃除もやっておくか!」と思えるようになりました。

以前使ってた、コチラの掃除機では、コードを出すのもめんどうだし、重いし、デザインもシュッとしてない・・・掃除をする気がなかなか起きなかったし、私のやる気スイッチも埋もれた状態でした。

 

ダイソンのように、手軽に出来る家事の方法を増やしていくことが、家事のやる気向上のコツです。(実感!)

 

理由②:ダイソンはごみ捨てが楽!!

コードレスのハンディ掃除機と言えば、マキタも人気ですが、マキタはゴミを紙パックで集める掃除機なので、紙パックを買うのがめんどくさいです。

そして、ごみを捨てるたびに、紙パックをセットしなおすのもめんどくさい。

(ついでに言うと、バッテリーを外して充電しなければいけないのも、めんどくさい。)

 

それに引き換え、ダイソンは、ワンタッチでポンとゴミが捨てれるので、本当に楽です。

赤い部分を下に押すと・・・

ポンッと蓋があいて、ごみがパ~っと出ます。

 

いつもは、お勝手口にある大きなゴミ箱の上でポンッと捨ててるので、本当に楽です。

 

でも、ゴミとか見たくないよう~!という方は、紙パック式のマキタがおすすめです。

デザインもシンプルでスタイリッシュ!!

 

一軒家だからこそDysonがおすすめな理由

コードレスでハンディのダイソン掃除機は、一軒家に引っ越すタイミングで購入するのもおすすめです。

実際5LDKの一軒家で使っていますが、快適でした!

理由①:コンセントの差し替えなしで時短になる

ダイソンの掃除機はコードレスなので、コンセントの差し替えが不要です。

 

一軒家を掃除しようと思うと、1階につき3回はコンセントの差し替えが必要なのではないでしょうか。

そのたびに、掃除機の電源がOFFになり、掃除時間がロスするので、時間がかかってしまいます。

 

中断のない家事は、わずらわしさやストレスが激減しますよ♪

理由②:階段の掃除が楽々なのはハンディだからこそ

アパートにいる時はもちろん必要なかったのですが、一軒家に引っ越してから気づいたのは、階段の掃除も必要であるということです。

でもハンディタイプのダイソンなら大丈夫♪

コンセントを差し替える必要もないし、ホースの部分を取り除き、短くセットすれば楽々掃除ができちゃいます♪

 

階段こそハンディのメリットを生かせる掃除場所ですよ~~♪

取り外しさえめんどくさい私は、ホースが長いまま掃除してますけどね~(笑)

まどか

 

まとめ

  • コードレスだから、コンセントの差し替えをするわずらわしさから解放される
  • 充電器から2秒で外せるので、めんどくさがりでも気が変わる前に行動にうつせる
  • 最新モデルの方がバッテリーもの能力も高いが、型落ちでも不便を感じたことはない。
  • 型落ちダイソンは2万円台から購入可能だから、旦那のお小遣いで買ってもらおう(笑)

型落ちの旧型ダイソンですが、コスパは文句なしでした!

▼ちなみに以前使っていた掃除機はコチラ▼

コンセント式です。

友達が10代のころ1人暮らしの際に使っていたものを、ゆずってもらい、5年以上使わせて頂きました。

 

ダイソン購入後は、掃除機の使いやすさが格段に上がり、掃除機をかけること自体が好きになりました。

毎日の家事を気持ちよく出来るようになるのであれば、使う道具を新調することに大きな意義はありますよ♪

▼私が愛用中の2011年モデル▼

▼最新の2016年モデル▼