最新の記事一覧はコチラ

子供といるとつらい!たった2日で育児ができなくなった話【ノイローゼ】

3日前までは、笑って育児していたんです。

本当です。

それなのに、ある日。

 

プツン。

 

何かが崩壊しました。

始めて娘をおいて夜中とびだしました。

 

何が心をむしばんでいたのか、

これからどうやって育児をしていくのか、

 

今思っていることを、言葉にしてみました。

 

今、育児つらいな~って思っている人が、

自分はいったい何に辛いと思っているのか。

モヤモヤをちょっとでも具体化していくお手伝いができたら嬉しいな!

みたいな気持ちで書いています。

子どもといると涙が止まらなくなった

 

冒頭にも書きましたが、3日前までは笑って娘(1歳半)に接していました。

「イヤイヤイヤイヤ~!!!」

って泣かれようが、わめかれようが、

それなりに対処できていたと思います。

 

それなのに。

 

娘と同じ部屋にいると、涙が止まらなくなりました。

2日間、ずーっと。

(3日目の今、記事を書いているよ!)

 

旦那が娘を連れだしてくれている間は、

自分でも引くくらい、スゥーーーーっと

心がスッキリするんです。

 

「あれ?メンタル回復したかな?」

って思うくらい。

 

それなのに、帰ってきた瞬間、また涙が。

泣きながら抱っこをせがむ娘を放置し、

ただただ泣くことしかできず、

罪悪感でっぱいになりました。

心身ともに余裕がなくなった6つの理由

  1. 2日間、泣きまくったこと。
  2. 家出中に、親友Aちゃんに話を聞いてもらえたこと。
  3. 3日目の今日、旦那が有休をとって娘を連れだしてくれていること。

この3つのおかげで、なんとか煮詰まった脳みそが稼働しはじめたので、

心身ともに余裕がなくなってしまった理由をひも解いていきます。

 

感情と思考をきりはなして、現状把握をすることが、今後の対策につながる!

という私の信念にもとづいています。

理由①:睡眠不足

妊婦も産後も、十分に睡眠がとれないことって多々ありますよね。

多々っていうか、常にっていうか。

 

「母親は睡眠不足は当たり前」

みたいな認識があるじゃないですか。

 

自分としても「今はしょうがない」と思っているしね。

まだ授乳もしているし、1~2時間おきに起こされるのはしょうがないかなって。

(1歳半にしては、起きるの頻回・・・?)

 

娘は遅めの8時~9時台に起きるんだけど、

昼寝しないのに、夜の9時半まで超元気。

日中に昼寝してくれたら、私も仮眠がとれたり自分の時間がとれるのになぁ。

なんて思いながら過ごしていました。

 

「じ、自分の時間が欲しいよぅ・・・」

という、自分の時間がホシイホシイ妖怪になった私は、娘を寝かしつけた後、夜更かしをするように。

夜更かししてるから、睡眠不足になるんやろ?

自分の責任やん。

なんてアンチが飛んできそうですが、そういう正論はカキーンと跳ね返してやりますよ。

 

どうせね、早い時間に寝ていてもね、

「いつ起こされるか分からない」

「いまのうちに寝なきゃ。」

みたいな焦りや我が子を守る本能心などから、すぐには寝れなかったり、浅い睡眠しかとれないんですよ。

ブログを書きながら、

今の時間に睡眠とった方がいいかもな、

なんてことくらい自分が1番感じているんです。

 

それぞれの葛藤をかかえながら、今日も母親は睡眠不足なのです。

理由②:イヤイヤ期に入りかけた娘

娘はあと10日ほどで1歳半。

椅子や机にのぼってみたり、お茶をばらまいてみたり。

膨大な体力と冒険心でいっぱい。

 

この夏は、朝と夕方に庭プールを1日2回。

3時間以上、ショッピングモールを走り回る。

おともだちと遊べば、物の取り合い。

髪の毛のひっぱりあい。

5分に1回は、誰かが泣く。

口を開けば「イヤイヤイヤ~~!!!」

 

元気いっぱいで、微笑ましい。

反面、

めっっっっっっっちゃ疲れる。

 

いや、ちょっと落ちつこ?

って口癖にように娘にさとしてる。

 

できればさ、常にだれかに実況して欲しいよね。

「料理中に、抱っこに応じた今のママの行動、すごい!」

「テレビボードにのぼった娘に、危険性を伝えようとしたママ、めっちゃ頑張ってる!」

「いれたてのコーヒー、また飲めなかったね。」

「作った離乳食、食べなくてゴミ箱に捨てるママの気持ち、映画化したいくらいだよね!」

「常に安全に気を使って、緊張しっぱなしのママって神!仏!エンジェル!」

「今日は外食したいけど、家計を考えて手作りしてるなんて、全米が感動まちがいなしだよ!」

「今日もおつかれさま!明日はママの欲しがってた新しい服、買いに行こうね。」

なーんて。

 

母親のがんばりや我慢を、見える化して誰かに評価してもらえれば、ちょっとずつでも何かが浄化していくんじゃないかな。

 

妻が夫に話す、その日の大変だったこととかさ。

一部だからね。

一部。

100のうち、1%くらいの出来事だからね。

別に夫を責めてるとかじゃなくてさ、そういうもんなんだよ、ってことだけ分かっていてくれたら、うれしいよね。

 

理由③:専業主婦だという引け目

ワーキングママ。

すごいなぁって思う。

「保育園いれて、働きに出てた方が気持ちが楽だよ!」

って言う人もいるけど。

それでも、仕事と育児を両立させてる人はすごいなって思う。

ワーキングママにもいろいろ葛藤はあるだろうな、とも思うけど。

 

我が家は旦那が3交代。

私も前職は看護師で、3交代。

2年間は時短勤務もできるけど、暗黙の了解で夜勤させられてた。

あ、私には無理だな、子育てに専念したいな、って思い退社。

 

そして、専業主婦に。

まぁ、ひかえめに行っても専業主婦って最高だとも思う。

専業主婦の友達とめっちゃ遊べるし(ただし子連れ)。

仕事場での悩みとか人間関係がない。

「明日仕事なのに、また夜泣き・・・。」

という焦りもない。

ありがたいなって思う。

 

ありがたいなって思うからこそ。

自分は専業主婦だから、楽な身分なんだ。

楽させてもらってるから、子育てくらいはちゃんとしなきゃ。

って常に感じてる。

夫が洗濯を干してくれたら

「(本来は私がしなきゃいけないのに)ありがとう!」

という気持ちになる。

 

 

罪悪感の蓄積。

 

決して夫は、そんなことこれっぽっちも思ってないし、

「いつも、子育てありがとう!」

って言ってくれるタイプ。

 

そう、誰にも責められていない。

 

自分で自分を責めている点が、やっかいなのだ。

呪いです。呪い。

 

じゃ~、働きにいけよ!それで解決だろ?

あ、またアンチが聞こえてきたけど、カキーン!

 

専業主婦と、働いている自分。

天秤にかけて、自分で専業主婦を選んでいるからこその「罪悪感」なんですよ。

 

すぐに、解決策や正論をぶつけないでおくれ。

 

あとはね、

夫に頼りすぎて、

夫がしんどくなってしまったらあかん!

という不安もあるかな。

理由④:文句のない恵まれた環境

旦那と私は地元婚。

つまり、お互いの実家も、昔からの友達も、近くにいる状態。

 

「あ、今ひま?うちくる?」なんて気軽に遊べるお隣さん。

 

どう考えても、恵まれてる。

 

旦那は家事と育児に協力的。

 

 

どう考えても、恵まれている。

 

毎日思う。

恵まれている。

周りの環境に感謝してもしきれないし、頭もあがらない。

 

だからこそ、文句など言えるはずがない。

し、言いたくない。

 

もっと、大変な環境の人いるのに、何がつらいの?

というアンチを、自分に送る毎日。

理由⑤:体がついていかない!体重が6kg減

離乳食を食べてくれない娘。

ご飯、作りたくない。

自分の食欲が減りました。

 

くそ暑い今年の夏。

食欲が減りました。

 

あほほど体力のある娘。

たくさん遊んで動きました。

 

おかげで、短期的に体重が激減。

168cmなので高身長な私。

57kgあった体重はみるみる減り、51㎏。

 

風邪もひきやすくなり、8月だけで2回発熱。

点滴を打ってもらったり、かなりしんどかった。

 

20歳くらいのころ、摂食障害になったことがあるんだけど、今回の体重減少はそれとは違う。

理由⑥:「大変なのはみんな同じ!」という呪いの言葉

はっきり言って、育児をしている毎日が幸せだ。

愛する娘、愛する夫。

家族が健康で幸せを感じてくれていたら、本当に幸せだ。

 

でも、やっぱり時々おもう。

「いっぱいいっぱいだ。1人になりたい。」

 

煮詰まり出した今月。

 

ちょっと誰かに気持ちを分かってもらいたいな

って思っていただけなんだけど。

勇気を出してSOSを送ったつもりだったんだけど。

 

「子育てが大変なのは、みんな同じ」

よき理解者だと思っていた親友Bちゃんに、バシっと言われてしまった。

グループLINEで。

 

あ。

そっか。

大変なのはみんな同じだよね。

 

みんな大変なんだから、言葉に出しちゃだめだったんだ。

 

そんな風にとらえてしまいました。

 

決して、親友Bちゃんは悪気なんてありません。

本当に優しい子なんです。

 

でも自分の中で「大変なのは、みんな同じ」というフレーズが、頭の中をぐるぐる。

なんとか、気持ちを整理させようと半月ほど頑張ってみたけど、頭から離れない。

 

多分、すぐに誰かに話を聞いてもらっていれば、こじらせなかったかもしれない。

 

でも、友達の悪口は言わない。

そんな自分の信念を曲げられず、1人で抱え込んでしまった。

 

大事な親友Bちゃんを悪く思いたくない。

「これは、自分自身の問題なのだ。」

夜中、もんもんと例の言葉を乗り越える考え方をさがし、気づいたら朝6時だった。

とかね。

心身ともに余裕がないということ

ながながと、心が疲弊した理由を6つ書いてみたら、ちょっと気持ちが晴れてきたよ。

やっぱり、モヤモヤした思いを具体化していくって、大事なことだね。実感。

娘を連れだしてくれている旦那が、あと2時間で帰ってくる。

なんとか、結論まで書きあげようと思うよ!

普段の笑顔は、本人の努力!楽だと決めつけないで

私はいくつか信念をもっているんだけど、

「ご機嫌でいることは、社会貢献」

という考え方も、その1つ。

 

だって、感情って周りに伝染するじゃん。

ケラケラ笑う赤ちゃんみてたら、つられて笑っちゃったり。

 

だからこそ、自分が機嫌よく、楽しそうに過ごすことが、人生のミッションの1つでもあるよね。

なんて、思っていたりする。

 

「まどかって、キラキラしているね」

「まどかって、いつも楽しそうだね」

こんな風に、よく言われます。

 

正直、うれしい。

 

「家族のために、自分が笑顔で過ごそう!」

なんて思っているママも多いんじゃないかな。

 

でもさ、

笑顔でいるからって、ラクな毎日を送っているわけじゃないんだよね。

小さい小さい、ほんとに小さい苦労や我慢を、毎日毎日つみかさねているんだよね、母親って。

 

「この人、全然怒らないから、何言っても大丈夫。」

「いつも楽しそうにしているから、ずるい!」

 

こういう勘違いやひがみ、やめてほしいよね。

 

でもさ、

文句や苦労話ばっかりする人生よりも、

なりたい自分、やりたい目標、楽しいこと、

こんなことを考えて笑顔で過ごしていた方が楽しいからさ。

 

だから、

いつまでも泣いてないで、

自分の笑顔を取り戻すために

この記事を書いているよって話です。

結局女性は、共感によってストレスが浄化する

たくさんの人に反応してもらった、このツイート。

私が娘を置いて、夜に家でした翌日。

何も言ってこない旦那に、「何も思わないの?」なんて言うとこんな返答がかえってきました。

 

「そっとしておいた方がいいのかなって。」

 

おいおいおいおいおいおいおいおい!

始めて、夜中に家出したんだぞ!?

娘をおいて、泣きながら家を出てったんだぞ!?

 

そっと、しておくな!

話を聞いてくれよ!

 

なんて、思ってしまったんだけど、男女脳の違いですよね、きっと。

 

ツイートにも書きましたが、男性って

ぼぉーーーーっとすることでストレスが発散される。

 

なので、

「そっとしておく」

これは、旦那なりの最大の優しさや気遣いだったのかもしれない。

 

生粋の女性脳である私には「そっとしておく」という判断が考えられなかったのですが、男女脳の違いの知識があったので、旦那を責めずにすみました。

DaiGo先生、ありがとう。

うん、だからね、私が言いたいのは

煮詰まってきたら、まずはママ友に話を聞いてもらうのが1番かなってこと。

 

家出したその日、

親友AちゃんにLINEしたんです。

「家出しちゃった。」

 

4歳と2歳の子育て中にも関わらず、

親友Aちゃんは子どもを旦那にたくして、

すぐにかけつけてくれました。

 

親友Aちゃんも、同じような思いをしたことがあって、

たくさん話を聞いてくれた。

正論とか解決策なんて言わずに、

ただただ共感してくれた。

神かよ。

 

ずっと言えなかった、

親友Bちゃんの「大変なのはみんな同じ」の発言についても

ここでやっと口に出すことができて、

やっと気持ちが浄化できた。

 

スターバックスで、目をぼんぼんに腫らしながら

おいおい泣く私の話を聞いてくれた親友Aちゃん。

 

もし、

「今ちょっとつらくて・・・」

なんて打ち明ける人がいるのなら、

私もかけつけるからさ、

スターバックスで集合しようね!笑

「今日も生かせてあげられた」という最低限かつ最重要の考え方

夜中のスターバックスにかけつけてくれただけでも

Aちゃん、神!神様!

って思ったんだけど、

そんなAちゃんがこんなことを言ってくれたよ。

 

「今日も我が子を生かせてあげられた」

そんな風に思うことにしたら、私は気持ちが楽になったよ。

って。

 

あ~、そうか、それでいいんだよね。

 

・今日はイライラしちゃった

・わがままに付き合いきれなかった

 

そんな日もさ、

ちゃんと我が子の命を明日につないだんだよね。

 

最低ラインの考え方だけどさ、

最重要なことでもあるんだよね。

 

家出したりさ、とにかく泣き続けたりさ、

自分自身で「母親失格」なんて思っちゃったけどさ。

 

私は娘を今日も生かしてあげられたんだ!!

 

どやぁぁぁぁぁ!!!!

結論はないよ!

まぁ、ながながと書いたけどさ。

自分の気持ちを1つ1つ言葉にしてみたら、かなり気持ちが軽くなった。

きっと、娘が帰ってきても、もう泣くことはない気がする。

この記事に結論はありません。

「こうしたらいいよ!」

なんて教えてあげられることも、私には持ってません。

 

それでも、同じように今つらい気持ちにいる人が、

ちょっとでもモヤモヤを具体化する手助けになっていたら、本望。

話したいことがあれば、ききます!

ツイッターまどか(@madoka2939)に、SOSください。

おすすめの記事

この記事を書いている、育児ノイローゼ3日目から断乳を開始しました。

\その記事がコチラ/
断乳はかわいそう?子どもにもメリットあるよ、自信を持とう!

\その他のおすすめ/
自己肯定感を「祈り」で育む!1年間の子育てでみえてきた私の育児論 0歳児の育児が楽しくなくてもいいんだよ!1歳過ぎたらこんなに変わるよ 離乳食がめんどくさい!憂鬱な気持ちを楽にする6つのポイント エアウィーヴスマートを敷いて赤ちゃんと和室で添い寝!値段の葛藤とコスパを語るよ 赤ちゃんから1歳すぎても!実際に長く遊んだおすすめおもちゃ7選 1歳からの『こどもちゃれんじぷち』私がやらない5つの理由