最新の記事一覧はコチラ

0歳児の育児が楽しくなくてもいいんだよ!1歳過ぎたらこんなに変わるよ

  • 初めての育児、がんばっているんだけど、なんだか苦しくなる。
  • 周りのママは、自分よりも子育てを楽しんでいるように見えて、なんだか羨ましい。

こんな気持ちになってしまうあなたは、毎日育児に向き合おうと頑張っているのです。本当に素晴らしいです。

私自身も、0歳児の時の育児は楽しめない時が多々ありました。

周りのママ友も口をそろえて言うのが、「我が子と2人きりの空間にいるとしんどい!」です。

現在娘は1歳3ヵ月になったのですが、今思い出しても0歳児の育児の方が精神的に辛くなる時が多かった気がします。

友達や親が一緒にいる時は、なんだか気持ちが楽なんだけど、部屋でずーっと2人でいると、「うわぁぁぁぁああ!!!」と叫びたくなるような閉塞感に襲われる時もありました。

ただ、1歳をすぎたあたりから、苦しい思いが減っていき、「育児楽しい!」と思えるようになったので、現在0歳児の子育てで心苦しい思いをしているママさんに、「月齢が進めば状況は変わるよ!」という希望をもってもらいたくて、記事を書きます。

0歳児の育児を楽しめない理由が分かれば、「しょうがないことなんだ」と割り切れるかもしれません。

まどか

この記事を流し読み

0歳児の育児が楽しくない9つの理由

我が子は可愛いんだけど、なんだか育児が楽しめない時があるな、と思う理由を9つ書き出してみました。

「そっか、こんなにも理由があるんだから、楽しくないって感じる時があっても大丈夫なんだ」と気持ちが楽になってもらえれば幸いです。

ママからの一方的なコミュニケーションになりがち

ぼーっとすることで頭の中が整理されストレス発散が出来る男性とは異なり、女性は喋ること・共感しあうことでストレスを解消することが出来ます。

その日の体験したことや感じたことなど、ペラペラと話すだけで、心がスッキリしますよね。

まどか

でも、0歳児はもちろん会話はしてくれません。

しかも月齢が低いと、ママのあやしに対する反応が少ないこともしばしばですよね。

一方的にあやしたり、話しかけたりしていても、思うような反応が返ってこないと、楽しくなくて当たり前です。

遊びに行ける場所が限られる

まだ歩けない0歳児を連れて遊びにいける範囲は、結構狭いものです。

  • お気に入りのランチは座席がないからやめておこう
  • ショッピングに行きたいけど、試着中に泣きそうだからやめておこう
  • 風邪が流行っているから、人込みは避けよう
  • 映画鑑賞が好きなのに、見に行けない

そもそも、小さい我が子をつれて遊びに行くのは逆に疲れるし、1人で連れ出す自信がない、というママもいるでしょう。

自分のお気に入りの場所や、お出かけをするだけでストレス解消になったりするのに、それが制限されるのですから、気分転換も出来ませんよね。

まだまだママになったばっかりで育児に慣れない

そもそも、まだ子どもを数カ月しか育てていないので、子どもを育ててるという状況に困惑することもありますよね。

寝返りはするけど、おすわりが出来ない時期のお風呂(しかも冬場)って、結構段取りが難しく、私は苦手でした。

まどか

乳児湿疹や蕁麻疹が出た時も、初めての小児科受診に不安がありました。

子どもを乗せながらの車運転は、なんだかドキドキするし、ぐずりだすと気も散ります。

初めてのことばかりで、育児を楽しむ余裕がない時があって当然です。

生活リズムが整わず、睡眠不足や疲労がある

夜1回も起きない0歳児は、なかなかいません。

0歳の時は、なかなかママの生活リズムが整わず、疲労もたまる一方です。

疲れ切っている中、「楽しく育児をする」なんて、正直それどころじゃありませんよね。

私も娘は、新生児のうちは5時間以上寝てくれたのですが、3ヵ月をすぎたあたりから2時間おきにおっぱいを欲しがるようになりました。

しかもよく吐き戻しをする子だったので、夜中に服と布団総入れ替えイベントがあると、日中も楽しめるわけなく白目で過ごしていましたよ(笑)

後追いで家事が終わっていかないイライラ

ズリバイやハイハイで、後追いしてくれると愛おしさでいっぱいになりますよね。

ただ、家事をしようとするたびに、足にピッタリとくっついていると、早く終わらせたいことも全然すすみません。

娘はおんぶだとすぐにぐずるので、抱っこ紐は前抱きしか喜んでくれませんでした。

だから、なかなか家事がすすまず、イライラしてしまった覚えがあります。

1人になる時間が持てずリフレッシュができない

赤ちゃんの機嫌がとっても悪い日は、泣き声やぐずりから解放されたくて「10分でいいから1人にしてー!!」と思うこと、ありますよね。

でも人見知りや後追いの時期って、パパや両親にあずけたりすると、めっちゃ泣きわめく子もいます。

また、離乳食やおっぱいのことを考えると、預けにくく感じることもありますよね。

私は2週間前(娘:1歳2か月)旦那にあずけて、ようやく友達と名古屋で遊んできました。

6時間、本当に楽しかったし、育児から完全に開放されたのが、とても嬉しかったです。

0歳児の時に、これだけ解放される瞬間があれば、もうちょっと気持ちが楽だったように思います。

まどか

すすまない離乳食に焦りがある

0歳児の育児で難関ともいえる、離乳食。

  • まぁ、まだ食べる練習の時期なんだから、食べなくてもいっか~。
  • どうせ食べないんだから、手作りせず市販のものを買お~っと。
  • 他の子がよく食べてても、比べる必要なんてないよね~。

こんな風に思えたら、気持ちも楽なのでしょう。

でも、初めての育児・初めての離乳食の場合、たいてい「理想」「焦り」が生じますよね。

栄養のこと、アレルギーのこと、量のこと、時間のこと、片付けのこと、いろんなことが憂鬱で億劫になりました。

離乳食がなければ、0歳児の育児も、もっと楽しめるのに!というママも多いのではないでしょうか。

▼関連記事▼
離乳食がめんどくさい!憂鬱な気持ちを楽にする6つのポイント 食物アレルギー?!赤ちゃんが卵に触って蕁麻疹が出た話(写真あり) 乳児湿疹が食物アレルギーを誘発!?「皮膚のケア」と「離乳食の進め方」

ホルモンバランスが乱れている

生理中(前)や妊娠中、情緒が不安定になったりイライラしたりしてしまいますよね。

もちろん産後もすぐにホルモンバランスが戻るはずありません。

「なぜか楽しい気分になれないな」と感じているのは、ホルモンバランスの乱れも原因の1つでしょう。

ただし、夜眠れない、食欲がない、涙がでてくる、とにかく辛いなどの症状があれば、産後うつかもしれないので、早めに心療内科にかかってくださいね。

支援センターに行っても、結局自分があやすことになる

育児中の気分転換にはとても助けになる、子育て支援センターに行っても、楽しめない場合があります。

1人で歩いておもちゃで遊んでくれる年齢ならともかく、まだゴロゴロねんねしている時期や、ハイハイするのにお出かけすると大人しくなっちゃう赤ちゃんの場合、結局ママがあやすことになります。

他のママや、スタッフの方があやしてくれたら助かるのですが、1人で我が子をあやしている状況、「結局家にいるときと一緒じゃん!」ってなりますよね。私はなりました!

歩き出すまでは、支援センターあんまり楽しめなかったです。

あやすのが上手いママみて、劣等感にさいなまれた時もありました。

▼詳しくはこちら▼
子育て支援センターで私が感じた孤独な気持ち&5つの楽しむコツをお話するよ!

1歳をすぎたら楽になる8つの理由

ここからは、「1歳をすぎたらこんなに育児の状況がかわるよ!」という点を8つ紹介させて頂きます。

「ずっと今の状況や悩みが続くわけではない」というあなたの希望になったらうれしいです。

自己主張がはじまり、コミュニケーションがとれるようになる

ちゃんとした言葉を使わなくても、1歳をすぎるとだんだんと「ママに伝えよう!」という行動がみられます。

  • リモコンをもって「まんまん(あんぱんまん)」と言う
  • 手をひっぱり、玄関につれていき「くっく」と言う
  • 指をさして食べたいご飯を伝える
  • 言葉で褒めてあげるとニッコリ喜ぶ

少しずつでも「コミュニケーションがとれてきた」と感じるようになるので、0歳児育児の時に感じていた「孤独感」が和らぎます。

そして、案外親の言葉を理解している時もあり、ダメもとで「そのスコップを横に置いて、こっちで三輪車に乗ったら?」と言ってみたら、その通り行動をしました。

「この子は理解しているんだ」と感じることができると、一方的なコミュニケーションではなくなるので、楽しくなりますよ。

欲求が分かるようになってくるので、対応しやすい

0歳児の時は、ぐずっているけど、結局何をしてほしいの?と頭を悩ますことがしばしばありますよね。

1歳をすぎると、ぐずりながら手をひっぱってモノをとらせたり、つたない言葉(単語)を発してくれたりします。

行きたいところがあれば、自分の足でそちらに歩き出します。

我が子の欲求が分かるようになってくると、対応しやすいし、対応し甲斐がありますよ。

歩き出すと自分でやりたいことが出来るようになるので楽になる

立ち上がれたり、歩き出すと、モノがとれる範囲が広くなるし、行きたいところに歩いて行けます。

また、手も器用になってきて、手づかみやスプーンを使って自分の食べたいものを食べられるようになってきます。

0歳児では、ママが手となり足となる場面が多かったと思いますが、1歳をすぎると自分でやりたいことが出来るようになってくるので、楽になりますよ。

私の娘は、自分が見たい絵本を、自分で本棚から引っ張り出し、1人でペラペラめくって楽しんでいる時があるので、その時間はとっても楽だし見ていておもしろいです。

「ママ」と呼んでくれたり、抱きしめてくれるので愛情が増す

親とはこうも単純なのか?と思うことはしばしばあるのですが、私は「ママ!」と指さしてくれたり、「ぎゅーっ」って抱きついてくれるだけで昇天しそうなほど幸せを感じます。

0歳児のときも「まんまんまん」と発することがあり、「ママって呼んでくれたの?」と勝手に解釈をして喜んだことはありました。

でも今は確実に「ママ!」と呼んでくれるので、それだけで毎日のストレスがふっと飛んだりします。

乳離れがすすみ、預けられるようになるので、リフレッシュができる

2~3時間おきの授乳があると、なかなかまとまった時間、預けることができませんよね。

特に離乳食がすすんでいないと、「母乳をあげなきゃお腹がすいちゃうかも」という不安もあります。

ママのおっぱいを求めて泣きじゃくる姿を想像すると、「預けるのはやめとこうかな」なんて思うこともありますよね。

ただ、離乳食がすすまない子も1歳をすぎ、徐々に食べられるようになっていきます。

ご飯やおやつ、飲みものを摂取できるようになってくると、長い時間、旦那や両親に預けることもできるので、リフレッシュをすることが出来ますよ。

1人遊びが出来るようになってきたら、託児所付きの美容院や図書館、ショッピングモールで息抜きしてもいいでしょう。

数時間、子どもと離れる時間がとれると、今度はママの方が「今なにしてるかな?早く会いたい!」と寂しくなってしまうくらいですよ。

よく動くようになるので、よく眠るようになる

歩き出して、活発に遊ぶようになると、しっかり睡眠をとれるようになる子も多いです。

いつもはママが寝かしつけないと寝ないよ~という子も、いつのまにかリビングでウトウト寝てしまっていた、なんてこともあるようです。

我が子はめちゃめちゃ体力があるので、日中外で走り回り、昼寝を1回もしていないにも関わらず、夜の9時まで起きているなんてことはザラにあります。

セルフねんねなんて車の中以外では夢のまた夢・・・。

でも、私の友達の子どもは、遊び疲れて夜の7時から朝まで爆睡だよ~っていう子が多いですよ。

1人で遊べるようになってくるので、やりたいことが出来るようになる

1人でアンパンマンやEテレを見て、踊ってくれていたり、おもちゃで遊んでいてくれるようになるので、家事がはかどります。

また、1人で夢中で遊んでいる時などは、スキマ時間に漫画をよんでみたり、ドラマを見たりすることも出来ます。

途中で中断することは多々ありますが、「つきっきり」にならなくてもいい時間がとれるだけで、だいぶ楽になりますよ。

離乳食がすすみ、料理や食べさせる手間が減る

離乳食を作るとなると、大人のご飯とは別にいろいろ仕込まなければならず、負担が大きいですよね。

娘は1歳をすぎると普通の硬さの白ご飯を食べるようになったので、本当に離乳食が楽になりました。

また、手づかみやスプーンで、自分で食べようと頑張ってくれるので、自分と一緒のタイミングでご飯を食べることができます。

1口ずつ食べさせなくてもいいだけで、だいぶ負担が減りますよ。

もちろん後片付けはカオスですが(笑)

まどか

0歳児の育児をちょっぴり楽しむ8つのコツ

「今すぐ実践できる、育児を楽しむコツ、何かないかな?」

と思うあなたへ、0歳児の育児をちょっと楽にする方法を8つ提案します。

ぜひ、どれか1つでも実践してみてください。

月齢が近いママ友と会い、情報を共有する

「こんなに育児がしんどいのは、私だけなのかな。」と思っている時に、インスタグラムなどのSNSを見ると、「あのママはいつも楽しそう!離乳食だってちゃんと作ってる。」と劣等感を感じたりしませんか?

SNSを見て、周りのママと比べるのはNGです。

SNSなんて、「楽しく育児をしているように見られたい」「私リア充してます」と思う、承認欲求を満たすためのツールですよ!

まどか

実際には、それぞれ苦悩があっても、それを書かない人が多いです。

だからSNSの内容を真に受けてはいけません。

それよりも、実際に月齢が近いママ友と会い、「ハイハイするようになったんだけど、後追いがすごくて家事がすすまないよ~」なんて言い合った方が、気持ちが楽になります。

みんな育児が楽しい時もあれば、悩んだりしんどくなる時があるのです。

「みんなも同じ気持ちなんだ」と思うだけで、ちょっとゆとりが生まれますよ。

家事は積極的に手を抜き、昼寝時間は趣味に没頭してみる

ホルモンバランスが乱れていたり、睡眠不足などで体がしんどいと、育児をしながら家事をするとういことに、イライラしたりしませんか?

  • 家事もちゃんとしたい
  • やりたくなくても、自分がしなきゃいけない

こう思う気持ちも分かります。

しかし、育児が楽しめないほど心身共にまいってしまっているときは、積極的に家事を手抜きしていただきたいです!

大事なことなので、繰り返します。

本当にあなたが今やっている方法で、その家事をし続ける必要はありますか?

もっと手を抜いてもいいんですよ!

もちろん、夫がもっと多くの家事を分担してくれたら解決することもありますが、勤務時間などの事情で夫に頼れないママは、とにかく楽をする工夫をしてみましょう。

例えばご飯。

これは、お惣菜を買ってきてもいいし、宅食を注文すればOKです。

近くのお弁当屋さんやコンビニも積極的に使いましょう。

子どもの離乳食は市販品で上等です。

お金や栄養面の不安?

私はそんなことよりも、あなたのメンタルの方が大事だと思いますよ。

洗濯が負担なのならば、晴れた日も外に干さずに浴室乾燥機を使って、動線を短くしてしまうのも手です。

乾燥機付きの洗濯機に買い替える余裕があれば、なお助かりますよね。

嫌いな家事はやり方を変えるべし!「洗濯がきらい」な私が工夫したこと。

食器洗いがめんどくさければ、どんなに少ない量でもすべて食洗機にまかせましょう!

食洗機の導入基準は 光熱費だけじゃない! 精神的メリットも超重要

とにかく、やり方なんでもいいのですが、とにかく家事の負担を減らす工夫を実践してくださいね。

そして、家事の時間が削減できたのなら、子どもと一緒に昼寝をして体力を回復させるか、自分の趣味に没頭してください。

「時間を忘れるほど夢中になってた!」と思う時間があればあるほど、人間は幸福感が増します。

自分のやりたいことに没頭する時間がもてるか持てないかで、育児に一極集中していた視点が分散され、気持ちが楽になりますよ。

私は娘が生後3か月の時に、在宅ワークを始めてみたのですが、これが案外夢中になれて気分転換になりました。

▼関連記事▼
子育て中の主婦なのに初月で2万円!在宅ワークは誰でも稼げると実感

あやしながら好きなドラマや映画をみる

あやしても、あまり反応が返ってこなかったり、誰とも会話が出来ないことでのうっぷん、つらいですよね。

もう、そんなときは、赤ちゃんをあやしながらドラマとか映画とか見ちゃってOKですよ。

テレビを見る片手間であやしたり、遊んだりすると、「子どものことしっかり見れてないんじゃないかな?」なんて思うかもしれませんが、一対一の子守がしんどくてさえない表情しているママより、おもしろいテレビでも見て笑ってるママの顔を見せてあげたほうがいいと思います。

ただ、この時「適当につけたテレビをダラダラみる」のではなく、「このテレビが好き!みたい!」という番組をチョイスしてくださいね。

テレビを見てママが楽しむ!というのが重要です。

録画した番組を見たり、DVDをレンタルするのもいいですが、HuluやdTVなどの動画配信サービスで見たいドラマやアニメ、映画を見るという手もあります。

dTVなら月額540円(税込み)と激安なのに、作品数も多く、あんぱんまんお母さんといっしょなどの子どもが喜ぶ番組もそろっているので、我が家では重宝しています。

さらに、AmazonのファイヤーTVスティックをテレビに差し込めば、dTVやHuluなどの動画配信サービスがテレビでうつせるし、YouTubeもテレビで使うことができるので、本当に毎日助かっています。

動画配信サービスの種類が豊富なので、どれに申し込もうか迷っているママは、

『dTVをファイヤーTVスティックでテレビにうつして見る』

がコスパ抜群&正解ですよ!

\月々ワンコインで育児を楽しく!/

※お試し期間後に解約してもOK(無料)

【初回31日間無料/dTV】月額500円(税抜)で映画・ドラマ・アニメ・音楽ライブなど12万作品が見放題!

\テレビでdTVやyoutubeが見れる!/

ちなみに、運転中のぐずりに困っていた私ですが、100円ショップのスマホスタンド(自撮り棒?)を使って、車の中であんぱんまんを見せてみたら、ドライブ中のぐずりが激減しました。

dTVは動画のダウンロード機能があり、データ通信料を節約できるので、自宅のWi-Fi環境が使えない場面でも助かりますよ。

お気に入りの支援センターを見つけ、保育士さんにあやしてもらう

子育て支援センターは、場所によって雰囲気がかなり違います。

あなたが活用しやすい支援センターに巡り合えることを祈っています!

もし、スタッフの方が気にかけてくれる雰囲気のセンターなら、子どもをあやしてくれることは多々あります。

しかも、子育て支援センターのスタッフさんは、保育士さんであることが多く、あやしながら悩みを聞いてくれることもあるので、周りのママとあまり話が出来ないな~って思っていても、スタッフさん目当てで行くのもありですよ!

夫や親に正直な気持ちを伝え、1人の時間を作ってもらう

「自分が母親なんだから、ちゃんとしなきゃ」と頑張っているママほど、夫や両親に、自分のモヤモヤしている気持ちを話せないのではないでしょうか。

それでも、女性は話を聞いてもらうだけでも、気持ちが楽になる生き物なので、思い切って相談してみてください。

「そんな風に抱えていたんだね。気づかなくてごめんね。」と、気持ちに寄り添ってもらえるかもしれません。

人に思いを伝えても、すべては伝わりません。

伝えていないのなら、絶対伝わりません。

今後、子育てで悩むことは多々あるはずなので、今のうちに身近な人に相談することに慣れていきましょう♪

男は頼られると嬉しい生き物ですよ♪うまく言葉をつかって、のせてくださいね♪

撮った写真を見返し、母子ともに成長を感じてみる

スマホやデジカメに撮りためた、我が子の可愛い写真を見返してみましょう。

この時、我が子の成長だけでなく、自分自身の成長も感じてみてください。

  • 「あの時うまくおっぱいを挙げれなくて困ってたなぁ。」
  • 「最初は抱っこの方法すらよく分からなくて、肩に力が入っていたなぁ。」

どの写真をみても、当時の悩みと今の悩みに変化がありますよね。

それに、よくよく振り返ると、自分が出来るようになったことが、かなりたくさん増えたはずです。

我が子の成長とともに、自分の成長を感じることで、「自分ってよく頑張っているんだな」という部分を認めてあげてくださいね。

自己肯定感を「祈り」で育む!1年間の子育てでみえてきた私の育児論

断捨離や大掃除をし、気分を切り替えてみる

子どもをあやしながらでも、昼寝をしているときでも、とにかく時間を見つけて、断捨離や大掃除をしてみませんか?

「そんな余裕ないよ~!!」

と、思うかもしれませんが、モノを捨てたり掃除をするという行為は、容易に達成感を得ることができるので、精神的な満足感が大きいですよ。

そして、スッキリした部屋ですごすことで、モノや汚れからのノイズがなくなり、頭がクリアになります。

私はもともとモノを捨てられない人間でした。片付けなんて無理!

でも、断捨離や大掃除をくりかえすことで、今ではかなりスッキリとした空間で毎日過ごすことが出来ています。

あらゆることへの考え方がシンプルになり、本当に大事なことがみえやすくなるので、モヤモヤした気持ちを脱するためにも、今から断捨離してみましょう!!

汚部屋を脱出して激変した私の価値観!モノが減るとこんなに変わるよ 「服を買うなら、捨てなさい」実践した8つのこと。

定期的に泣くようにする

娘がなんでぐずっているのか分からず、何をしても泣き止まないので、泣いてしまう夜はありました。

睡眠不足が続くと、よけいに涙が出てきます。

まどか

女性は共感する能力が高く、赤ちゃんの不機嫌や泣き声によって、自律神経が乱れてしまいます。

当然精神的にもまいってしまうため、それだけでも辛いですよね。

でも、もしそこであなたが泣くことができるのなら、思いっきり泣いてください。

泣くことは、睡眠をした時と同じようなリラックス作用があるとも言われており、十分な睡眠がとれていないママは特に泣きましょう。

明日の朝、目が晴れていてもいいじゃないですか!

ドラマや映画をみて、泣くのも手ですよ。

自分の感情が大爆発する前に、時々泣いて発散してくださいね。

まとめ

今回は、9000文字にのぼる長文の記事だったにも関わらず、最後まで読んでくださり本当にありがとうございます。

育児の悩みは、時が経てば大抵のことは悩みが変わります。

0歳児の育児、楽しむ余裕が持てていないな、と思っていても、必ず状況は変わります。

だから、まずはあなたの体と心の健康面を大事にしてくださいね。

あなたは十分頑張っている、素晴らしいママですよ!

おすすめの記事

1歳からの『こどもちゃれんじぷち』私がやらない5つの理由 赤ちゃんから1歳すぎても!実際に長く遊んだおすすめおもちゃ7選 インテリアになるかも!私が見つけた「おしゃれな木のおもちゃ」3選 片付けられない汚部屋女子が断捨離を成功させた!20年の成長過程を総まとめ 【パンナコッタのレシピ】温めて注ぐだけ!気軽におもてなしスイーツを作ろう