最新の記事一覧はコチラ

ルピシアのお茶、手軽に飲める「毎日の日本茶」レビュー!価格や味を比較してみた

紅茶や日本茶で有名なルピシア(LUPICIA)。

普段飲むにはちょっと高価なので、プレゼントやおもてなしに重宝しますよね。

そんなルピシアから、

「手軽においしく飲める」

がコンセプトの、毎日の日本茶シリーズが発売されました。

自宅で普段から飲むお茶として、低価格や扱いやすさを重視したお茶シリーズ。

食事の時などに重宝すること間違いなしです。

 

今回は、ルピシアの手軽なお茶である

毎日の日本茶シリーズを紹介します。

4種類の味を比較レビューしてみたので、

あなたにぴったりのお茶が見つかるかも!!

さらに、低価格って言われているけど、

本当にコスパはいいの!?

という視点で、厳しくコストパフォーマンスを検討していきます。

今まで紅茶しか飲んだことがない人も、ルピシアのお茶に挑戦してみてはいかがでしょうか♪

ルピシア「毎日の日本茶」ってどんなお茶?

まずは、ルピシアの新作である「毎日の日本茶」シリーズの基本情報を、サラッと紹介します。

コンセプトは「手軽においしく飲める」

他の製品に比べ価格が安い

ルピシアの紅茶やお茶って、普段飲むにはちょっと価格が高い。

プレゼントやおもてなしには重宝しますが、自宅用で飲むには手が出せない人もいますよね。

私はルピシアを飲む時は「よし、飲むぞ!」という気持ちで飲みます(笑)

まどか

しかし、「毎日の日本茶」シリーズは、他の商品よりも価格が抑えられているため、毎日の食事に取り入れやすくなっています。

詳しい価格比較は、記事の後半でまとめてありまーす。

どんな入れ方でもおしいく飲める

紅茶や日本茶って、お湯の温度や入れる時間が厳しく設定されていますよね。

おいしく飲むためには、

時間や温度は守るべし!

と言われています。

そんな中、「毎日の日本茶」シリーズは、熱湯でもぬるま湯でも水でも、どんな入れ方でもおいしく飲めるよ!というお茶になっています。

ズボラな私にはとってもありがたい!

まどか

ルピシア「毎日の日本茶」の味と見た目を比較!

 

では、さっそく!

「毎日の日本茶」シリーズの見た目や味を紹介していきます!!

※以下の「鬼の焙茶」は比較対象外です。


ルピシア公式サイト

「毎日の日本茶」4種類の基本情報と味

まずは「毎日の日本茶」の基本的な情報と、味を紹介します。

1つ1つ見ていきましょう♪

浮世一分五厘(深蒸し煎茶)


ルピシア公式サイト

4種類の中では1番麦茶に近い味がしました。

夏の水分補給にはいいかも!?

香ばしさが鼻を通りますが、ご飯の味も邪魔しません。

おまえさま(深蒸し煎茶)

  
ルピシア公式サイト

浮世一分五輪よりも緑茶感が強いです。

緑の香りが丁度良く、こちらもご飯の味を邪魔しないお茶でした。

安い緑茶だと「水っぽい」と感じますが、ルピシアの「おまえさま」甘みのあるコクが味わえました。

緑茶好きな人は、迷わず「おまえさま」一択です。

夢がたり(抹茶入り煎茶)


ルピシア公式サイト

抹茶の味がしっかり味わえる緑茶です。

抹茶好きの人にはおすすめ。

食事と合わせるには主張が強いので、単独で飲むか、和菓子などのスイーツと合わせるとよりおいしく飲めそうです。

抹茶黒豆玄米茶


ルピシア公式サイト

個人的にはめっちゃ好きです。

黒豆の香りがあるものの抹茶も入っているので、初めて飲む人も抵抗なく黒豆茶が飲めそう。

お茶漬けの元を感じさせる、香ばしいアラレのような匂いもしました。

こちらも食事よりは、単独で飲むか和菓子などと合わせた方が、おいしく頂けそうです。

「毎日の日本茶」4種類の見た目

「毎日の日本茶」シリーズのお茶っぱはこんな色みになっています。

お湯でも水でもおいしく飲めるようですが、

とりあえず入れ方通りに

110mlのお湯で1分くらい置きました。

抹茶入りの「夢ががたり」が薄めだったのが意外!

抹茶黒豆玄米茶は、やや濁った色でした。

ルピシア「毎日の日本茶」あなたにおすすめはコレ!

とにかく全部飲んでみたいよ!という人は、ぜひ4種類買ってみてください。

いきなり4つは買えないけど、どれを選ぶか迷っちゃう・・・。

という人のために、実際に全て飲んでみた私による選び方の一例を紹介しますね♪

どれか1つ買うなら、「おまえさま」が無難

どれか1つ買いたい!という人は、迷わず「おまえさま」です。

万人受けするような緑茶であり、失敗はないはず。

4つの中では普通の緑茶だな、という印象ですが、スーパーの安い緑茶と比べたら

「めっちゃおいしい!!」

と思えるはずです。

迷ってしまったら、「おまえさま」で間違いなしです。

食事と一緒に飲むならこの2つ!

普段の食事と一緒に飲みたい!という場合は、

「おまえさま」「浮世一分五厘」がおすすめです。

他の2つよりも癖が少ないため、ご飯の邪魔をしません。

さらに、

緑茶好きなら「おまえさま」

麦茶好きなら「浮世一分五厘」

和菓子やスイーツと飲むならこの2つ!

ルピシアのフレーバーティーが好きな人なら、ぜひぜひ挑戦してほしいこの2つ。

香りが強いため、ただただお茶を飲みたいという時も、満足感が強いですよ。

和菓子やスイーツなどの甘いものと合わせると、いいお口直しになります。

濃い緑茶や抹茶が好きなら「夢がたり」

黒豆が嫌いじゃなければ、私のイチオシは「抹茶黒豆玄米茶」

ルピシア「毎日の日本茶」の価格を比較!コスパはいいの?

では、ここからはコスパの検証をしていきます。

「お求めやすい価格」「高いコストパフォーマンス」をうたっているけど、ほんまにコスパええん?

という庶民の主婦目線で厳しくチェックしていきますね(笑)

「毎日の日本茶」1杯あたりの価格

まずは1杯あたりの価格を確認していきましょう。

抹茶黒豆玄米茶の場合は、1杯あたり150mlの入れ方が紹介されていたので、表の(110ml)を(150ml)に直したら同じ表になります。

110mlって結構少なめですよね。

私はマグカップで300mlくらい飲みたいので、入れ方通りに計算すると1杯あたり100円くらいでしょうか。

普段家で飲むには、100円は高いです・・・。

まどか

ただし、「濃さはお好みで!」という表記があったので、ティーパック1つで500mlくらい抽出してもいいかと。

500mlで36円、しかも美味しい!

これならコスパは良い!と言えそうですね。

500ml抽出してみましたが、ティーパックをゆさゆさ揺らせばこんなに濃くつくれました。

渋みも気にならなかったし、量を飲みたい人はぜひ500mlは作ってくださいね!

ルピシアとのお茶との価格比較

ルピシアの通常の日本茶って、めちゃめちゃ高いです。

紅茶の価格に慣れている人が見ると、

え!!日本茶ってこんなに高いの!?

と、必ず驚きます。

たとえば、公式ホームページの人気順で先頭にでてきた「種子島新茶 松寿」というお茶。

50gで、なんと1,600円もするんです。

「毎日の日本茶」シリーズはリーフティーは100g入りなので、「種子島新茶 松寿」も100g計算すると・・・・

なんと3,200円!!!!!!

たっかーーー!!!!

ただし、価格にはばらつきがあって、50gで510円のものもあれば、50gで2,000円を超えるものもありました。

また、ルピシアの公式ホームページで「日本茶・緑茶」を検索すると、2018年9月10日現在で212件もヒットしました。

種類もかなり多いことが分かります。

どれを選んでいいか分からない!!

という印象がありました。

だから、5種類から選ぶ「毎日の日本茶」シリーズは、選びやすさという点でもおすすめです。

ルピシア「毎日の日本茶」の購入方法

ルピシア「毎日の日本茶」シリーズは、公式ホームページから購入することができます。

全国の各店舗にも、置いてあるとは思いますが、実際の店舗に行けていないので分かりません。

また、ルピシアはAmazonや楽天でも購入できる商品があるのですが、2018年9月10日現在は「毎日の日本茶」シリーズは販売されていませんでした。

9月19日まではお得なキャンペーンもあるようなので、欲しい!と思った人は、公式ホームページをチェックしてみてくださいね。

ルピシア(LUPICIA)公式ホームページ「毎日の日本茶」

まとめ

「毎日の日本茶」シリーズ、いろいろ味の感想や選ぶアドバイスを書きましたが実は私、あんまり味覚はとぎすまされていません(笑)

わりと味覚音痴ですww

そんな私でも、ルピシアの日本茶はおいしいなぁ~!!とめちゃめちゃ思ったので、ぜひ多くの人に飲んでもらえたらな~と思って記事にしてみました。

がぶがぶ飲むには高価ではあるものの、ちょっと一息つきたいときに飲めば、幸福度がぐーん!と上がること間違いなしですよ♪

おすすめの記事

【ルイボスティーを煮だす方法】たった10円で4L、我が家の作り方を紹介 ルピシアの『ブックオブティー』歴代の情報を総まとめ 【ルピシアのブックオブティー2018】中身ネタバレ&レビュー LUPICIA(ルピシア)|夏の福袋の中身ネタバレ!妊婦も安心ノンカフェイン竹 チーズケーキのお取り寄せは『ルタオ』がイチオシ!ふわふわ感をレポート。 【パンナコッタのレシピ】温めて注ぐだけ!気軽におもてなしスイーツを作ろう ハロウィンクッキーは100均の材料で簡単に作れるよ!10分で楽々レシピ