最新の記事一覧はココを押してね

【米麹で作る甘酒レシピ】魔法瓶をでズボラにつくる超簡単な方法(温めなおしはレンチン)

米麹から作る甘酒って、手作りすると美味しいんですけど、結構手間がかかりますよね。

鍋、炊飯器で大量に作るとしても、こまめに温度調整をしなきゃいけません。

そこで!

今回は魔法瓶を使って「ほぼ放置」で出来る、甘酒レシピを紹介します。

手間を出来る限り減らした、自己流アレンジが満載ですが、ちゃんと甘く発酵してくれたので、参考にしてみてくださいね。

魔法瓶を使って本格甘酒を作るレシピ

用意する物

  • 魔法瓶(350ml)
  • 調理用の温度計(100均とかにもあるよ)
  • 計量カップ(レンチンできるタイプがおすすめ)
  • ご飯・・・100g
  • 米麹・・・50g
  • お湯

魔法瓶は350~400ml程度のものを使ったレシピになっていますが、分量を増やせば1Lや2Lでも出来ますよ。

米麹は、長期保管がきく乾燥タイプを使っています。

写真に写っているのは、イオンで買った300g税込み410円のもの。

だいたい100gあたり、100~150円くらいの商品が多めです。

はじめての場合は、マルコメのプラス麹の箱に履いているタイプ(200g)がおすすめ!(いろんなスーパーで見かけます。)

量が少なめだし、レシピ冊子がついているので、炊飯器や鍋で作る方法とポイントなども読めます。

私のレシピも、この冊子から波及させたものになります。

まどか

レシピの簡単な流れ

まずは、レシピの大まかな流れを紹介します。

  1. お湯、ご飯、米麹をまぜあわせ、57~59℃の状態で魔法瓶にフタをする。
  2. 3~5時間おきに、電子レンジで中身を温めなおす(所要時間5分)
  3. 6~10時間後、好みの甘さになったら完成!
  4. すぐに飲まない場合は、鍋で煮たててから冷蔵庫で保管

米麹の酵素が働く50~60℃の状態をキープできれば、やり方はなんでもいいです(笑)

ただ鍋ですると、頻繁に火にかけなくてはいけなくて大変だったので、温めなおしが1回~2回で済む魔法瓶の方法がおすすめです。

【写真付き】レシピの詳細

ここからは、いかに洗い物を少なく、いかに手間をかけずに作るか考えたのち、こんなレシピに落ち着いたよ!という方法を写真つきで紹介しますね♡

  • STEP.1
    お湯を沸かしておく
    700ml程度のお湯を沸かします。半分は魔法瓶に入れて、容器を温めてください。もう半分は甘酒づくり用に使います。
  • STEP.2
    材料を混ぜ合わせ、62℃にする

    計量カップに100gの米を入れてください。(炊き立てでも冷飯でも可。私はいつも冷飯。)

    そこにお湯を300mlのラインまで注ぎます。スプーンなどで混ぜたあと、温度を測ってみると、70℃くらいになります。

    (私は温度計で混ぜますが、折れる危険があるので、本当はダメですw)

    米麹を50g入れて混ぜてください。

    だいたい62℃くらいになります。(温度が低ければ、10秒ずつレンチン&混ぜるを繰り返してください)

    温度が少し高いくらいであれば、魔法瓶と計量カップを往復させれば冷めます。

    62℃くらいの甘酒を、魔法瓶(保温用のお湯は直前に捨ててね)にそそぐと、59℃くらいになります。

    58~59℃あたりがベストです。

    逆に、60℃以上ある場合は、冷たいスプーンでサっとかき混ぜ、60℃以下に調整してください。

    (温度については、次の見出しで補足説明します。)

     

  • STEP.3
    3~5時間おきに中身をレンチン

    定期的に魔法瓶の中の温度をはかり、50℃を下回っていたら、10秒ずつレンチン&混ぜるを繰り返し、62℃まで温度を上げたのち、魔法瓶に戻してください。

    (魔法瓶にそそぐと、58℃~59℃くらいになっていたらOKです)

    魔法瓶の種類や、作る量にもよるとは思いますが、私の場合は4時間後に1回あたため直し、8時間後に完成くらいでも甘くなりました。

    (この時40℃くらいまで温度が下がっていましたwそれでもおいしくできましたw)

    3時間後と6時間後にあたためなおし、9時間後に完成というパターンはおすすめです。

  • STEP.4
    6~10時間で出来上がり

    好みの甘さになれば完成です!雑菌駆除もかねて、鍋で人に煮立ちしてからコップにそそぎ(2杯分)、すぐに飲まないのであれば冷蔵庫で冷やして保存してくださいね。

米麹から甘酒を作る時のポイントと補足

米麹から甘酒を作る場合に知っておきたいポイントと、レシピの補足です。

米麹を作る時の温度について

  • 米麹の酵素が働くのは50℃~60℃で、その中でも高温をキープすると働きがよくなる。
  • 甘酒の中では、酵素、乳酸菌、雑菌が繁殖の戦いをしているので、温度を適切に保ち酵素を応援しよう!
  • 60℃以上が長時間つづくと、酵素が死んでしまい、乳酸菌がよく働くので酸っぱくなる。
  • 50℃以下が長時間続くと、雑菌が繁殖しやすくなる。

雑菌を繁殖させないためには、使う道具は清潔にしてくださいね。

レシピの補足について

電子レンジは、500~600wで10秒ごとにかき混ぜてください。

20秒以上連続であたためると、甘酒の一部が高温になり、酵素が死滅する可能性があります。

10秒ごとに、だいたい2℃ずつ上がっていくはずです。

もし大きい水筒をお持ちの場合、倍量で作るのであれば、こんな感じで作ってみてくださいね。

  • ご飯・・・100g
  • 米麹・・・200g
  • お湯・・・500ml

ただ、レンチンが計量カップで出来る350mlが私的には楽でした。

スープタイプの魔法瓶なら、洗う時も中まで手をつっこめるしね。

 

あと、お気づきかもしれませんが、会社勤めの方には全く向かないレシピになっています。

3時間~4時間おきに温めなおすなんて、家にいないと出来ませんよね・・・。

専業主婦の私目線なレシピになってしまっているので、申し訳ないっ!

まどか

あと、魔法瓶を持っていないのであれば、魔法瓶を買うより甘酒メーカーを買った方がいいかもしれません。(金額がさほど変わらない・・・。)

2000~3000円のものもあるので、私もしばらく作るようであれば買おうと思います。

(ホームベーカリー持っている人は、「甘酒メニュー」がある場合があるのでチェックしてみてくださいね。)

『甘酒メーカー』の商品一覧を見てみる(楽天市場)

『米麹』の商品一覧を見てみる(楽天市場)

まとめ

栄養価が高いと言われている米麹の甘酒、鍋や炊飯器で作る場合は温度調整がめんどくさかったりするので、ぜひ魔法瓶の方法も試してみてくださいね♡

おすすめの記事

new新着の記事一覧はコチラ

【ルイボスティーを煮だす方法】たった10円で4L、我が家の作り方を紹介 【パンナコッタのレシピ】温めて注ぐだけ!気軽におもてなしスイーツを作ろう 【頻尿あるある20コ!】1日15回以上トイレに行くアラサー女子のなげき 「ゆうちょ小銭貯金」で浪費を減らす!やり方と楽しむコツを解説するよ 部屋着を断捨離するメリットがすごい!捨てるべき理由&捨てた効果【経験者は語る】 【名古屋】湘南美容クリニックで脇脱毛をしてみたレビュー!1000円のコスパ&流れ紹介 子育て中の主婦なのに初月で2万円!在宅ワークは誰でも稼げると実感