愛する人たちと、ときめくモノに囲まれて、暮らしたいと願う主婦。同い年の夫と、0歳児の娘とアパート暮らし。2017年11月に新築一戸建てに引っ越しました♪

好奇心が強く、いろんなことに挑戦したい!経験したことの備忘録&考察をまとめたブログです。料理、読書、旅行、お金の管理、自己啓発などなど。

授乳中のママはキシリトール入りガムに注意!?娘の下痢がしばらく続いた件について

娘は明後日で8カ月になりますが、何か月か前の写真を見ると、「ちっちゃ~!可愛い~!」と顔がニヤけます。

そんな娘は、最近下痢をしていたのですが、その原因はおそらく私のガムの噛みすぎ。

世の中のママは、育児に家事に、ストレスがたまってガムでも噛みたくなるとは思いますが、体質によっては母乳を飲んだ赤ちゃんが下痢をするかもしれません。

気になるのはどれくらいの量を噛めば下痢に繋がるの?

っていうところだと思うので、私と娘の体験談をご紹介します。

 

便秘ぎみの娘がいきなり1日6回のうんちをした!

生後まもなくは便秘知らずの娘でしたが、生後半年をすぎ離乳食がすすむにつれ、うんちの形状が変わってきました。

少しずつ固くなっていくにつれ、便秘気味に。

3日うんちが出ないと、ワセリンをつけた綿棒でおしりの穴をコチョコチョ~!

だいたい30分から2時間以内にはうんちが出ます。(反応はやっ!)

そんな娘が、ある日いきなり1日6回のうんちをしました。

形状はかなりゆるめで、泥状便~下痢って感じです。

とりあえず熱を測ってみても、37.0度で平熱。

活気もあるし、おしっこも出てるから脱水にもなってない。

まぁ、そんな日もあるだろう、とその日は様子を見ることにしました。

 

次の日もその次の日も6~7回のうんち!

昼夜とわず、プリプリとうんちしまくり。

オムツのおしり拭きもかなり消費の激しい日が続きました!

あいかわらず他の不調はないし、なぜいきなり下痢ぎみになった!?

と、ここ最近の食べたものをよーーーく思い出すと・・・

 

絶対ガムだ!ガムに間違いない!!(自論です)

ストレスを感じて大量のガムをかみ始めた時期と、ぴったり重なりました。

なんなら、ガムを大量に噛み始めたその日の夜から下痢が始まりました。

なので、もう原因はガムで決定ですね。(個人的意見ですw)

そして、そうと分かったので泣く泣くガムを噛むことをやめると・・・・

 

3~4日で下痢が収まりました。

ガムをやめてからは、思ったよりも下痢が収まるのに日にちがかかりました。

 

噛んだガムは1日10粒~12粒くらい

私が噛んだガムは、クロレッツのオリジナルミント味1日に10粒~12程度だったと思います。

私はもう8年くらい(多分)、クロレッツファンで、巨大ボトルをコストコで買うほど大好きです。

出産してからは、大量に食べることなく、1日0~2個くらいを食べてました。

しかし、生理前にホルモンバランスが乱れたのか、イライラしてしまい、その時は大量に食べてしまいました。

大量に食べた期間は、3~4日だと思います。

 

そもそもキシリトールで本当に下痢になるの?

むしばを予防することで有名なキシリトールなのですが、下痢との相関性についてネットで調べてみたところ、キシリトールは小腸で消化・吸収されにくいという特徴が関与しているみたいです。

消化しにくいキシリトールをなんとか消化しようと、腸の壁から水分を引き出すため、便がシャビシャビになり下痢になってしまうそうです。

1日のキシリトールの摂取基準は20gらしいですが、クロレッツは1粒あたり0.04gしかキシリトールが入っていないみたいで、20g摂取しようとすると100個食べなきゃいけないみたいです(笑)

全然摂取基準、超えてないやん!

と、拍子抜けしたのですが、日本人はキシリトールに対する分解酵素は持っていない人も多く、1粒でも下痢する人は下痢するみたいです。

なので、娘はキシリトールは合わないタイプなのかもしれません。

 

ちなみにキシリトールでの下痢は、一過性なので特に体に害があるわけではないのですが、水分が体から出て行ってしまうため、脱水には気を付けたいところですよね。

とくに赤ちゃんは、大人よりも体にしめる水分量が多く、また汗をかきやすいため、脱水には注意が必要みたいです。

おしっこが出ていなかったり、肌や唇が乾燥している、活気がない・機嫌が悪い時は脱水かもしれないため、不安なときは#8000(小児救急電話相談事業)へ電話して相談してみると、いいかもしれませんね。

 

 

【娘が卵に触って蕁麻疹が出た記事はコチラ】
うちの子もしかして食物アレルギー?!卵に触って蕁麻疹が出た話(写真あり)

【アレルギー予防に大切なこと2つについてはコチラ】
赤ちゃんの食物アレルギーを予防。絶対するべき2つのことを指導してもらってきた