愛する人たちと、ときめくモノに囲まれて、暮らしたいと願う主婦。同い年の夫と、0歳児の娘とアパート暮らし。2017年11月に新築一戸建てに引っ越しました♪

好奇心が強く、いろんなことに挑戦したい!経験したことの備忘録&考察をまとめたブログです。料理、読書、旅行、お金の管理、自己啓発などなど。

うちの子もしかして食物アレルギー?!卵に触って蕁麻疹が出た話(写真あり)

生後7か月の娘は、離乳食も少しずつ進んでいますが、まだまだ小食。

体重も4ヶ月で500gくらいしか増えてないけど、めっちゃ元気。

そういう体質なんだと思って、見守っています。

そんな娘が、生後4ヶ月の時にじんましんが出た話をしますね。

娘の腕に卵料理を落としてしまった

 

もうね、私の過失ですよ(涙)

娘を抱っこひもで抱っこしながら自分のお昼ご飯を食べてたんです。

大好物のスクランブルエッグを作ったんですけど、半熟のスクランブルエッグはツルっとスプーンからすべり、娘の左手にペチャっ!!

その時は、「あーあ。でも冷めててよかった~。」程度しか思ってなくて、汚れた左手と抱っこひもを拭くために娘をソファーにおろしたんです。

 

10分後、卵料理に触れた腕にじんましんが!!

ソファーにおろした娘の腕と、抱っこひもを拭いていると・・・・

 

え!?

じんましん!?!??!

娘の左手が赤くなって、ふくらんでる!!!!!

 

その時の写真はコチラ・・・

分かりにくいかな??

左手の甲がふくらんでるのと、左腕のところどころが赤くなってます・・・。

とりあえず、全身には広がってないし、呼吸状態もOK。

緊急性はなさそうだけど・・・この子、卵アレルギー!?!?!?

 

30分くらい経過。病院につくころには

卵アレルギーだったら、かわいそうだな、おいしいスクランブルエッグもパンもケーキも食べれないのかな・・・

なんて思いながら、ズーンとした気持ちで小児科へ。

病院についたころには、赤みがひいてきた。

抗アレルギー薬の処方のみ

私はてっきり、アレルギー検査をするのかと思いきや、抗アレルギー薬の内服薬を3日間処方されただけ。

私も赤ちゃんの時からお世話になってる、ふるーい小児科の先生が言うには、

  • 卵が原因でじんましんが出たのかどうか、判断できない
  • 母親由来の抗体がまだ働いているから、今アレルギー検査をする意味はない
  • 今回のじんましんは、母親が食べたものが母乳として娘に入り、出現したのかもしれない

とのことでした。

いやいや、卵に触ったところやん、じんましん出てるの!

絶対卵やん!

って思ったけど、1時間後くらいには左手の赤みもおさまったから、とりあえず3日間抗アレルギー薬を飲ませて終了。

 

もやもや・・・

でも、やっぱり卵が怖いし、そのうち離乳食も始まっちゃう・・・。

そんなもやもやをかかえてるうちに、今度は乳児湿疹の再来あせも

以前、例のふるーい小児科の先生に、乳児湿疹の相談をしたら

「とにかく拭いて!よだれが皮膚につくたびに拭いて!」

て言われただけだから、病院を変えたい気持ちでいっぱい。

 

何やら、アレルギー専門の小児科があるらしい

そんな時に、友達にじんましんの件を話していると、

「あそこの小児科はアレルギーに関しては良いって聞くよ~!」

と、耳よりの情報を教えてくれました。

アレルギーを専門にしている小児科ってあるんですね!

知らなかった!!

食物アレルギー対策への対策方法を教えてくれた!

結局、1か月後にそのアレルギー専門の小児科に行ったんですけど、食物アレルギーへの知識がとっても深まる指導をしてくれました!!

これを知らなかったら、間違った対処をしていたかも・・・

長くなりそうなので、続きは次回書きますね。

 

離乳食をこれから始めるよ~!

うちの子よく乳児湿疹出るし、皮膚弱いかも~!

食物アレルギー怖いな~。どうやって卵食べさせるの?

っていう人は、ぜひコチラの記事も読んでくださいっ!

実際に私が小児科で指導してもらったことを紹介しています♪

赤ちゃんの食物アレルギーを予防するために、絶対するべき2つのこととは!?