食洗機を導入するか迷っている人が絶対考慮するべき!精神的なメリット&食洗機が不要なパターン

食洗機を使用している家庭は、全国で3割弱にとどまっているようですが(2014年三菱総研による調査)、一軒家を建てる際に食洗機をキッチンにつけるかどうか迷いますよね。

「食洗機を使うと水道代+電気代は安くなるの?高くなるの?」

食洗機を使用するか否かの光熱費の比較をネットで調査してみたり、食洗機自体の価格を考慮してみたり。

光熱費を比較したサイトを読むと『手洗いよりも水道代が〇〇円お得になりますよ~!』と食洗機購入をすすめられたり。

実際光熱費に関しては、

水道代は若干安くなる

洗浄が終わったら乾燥機能は使わないことで電気代を節約する

この2点で、光熱費の点で損することはない印象です。

しかし、使う食器の数、家族の人数、食洗機の大きさ、自炊の頻度などで、簡単に左右されるため、細かく比較することは難しいと言えます。

それに、厳重に家計簿をつけていないと、光熱費の多少の前後の違いなんて実感しにくいのも事実。

携帯を格安スマホに変えたから、夫婦で20,000円の通信費が10,000円に減った!くらいの違いがあれば恩恵を実感しやすいですけどね。

それ実話やん!ソフトバンクからワイモバイルに変えて、携帯代が半分になったよね。

なので、食洗機の導入による光熱費の違いは『大損はしないけど、恩恵も気づきにくい』程度で覚えておくのがいいでしょう。

「なら、何を基準に食洗機導入を考慮したらいいの?」

という点ですが、食器洗いをしたいかしたくないか、で決めることをおすすめします。

我が家もアパートから一軒家に引っ越して2か月が経過し、食洗機をフル活用しているのですが、食洗機を導入して精神的にどんなメリットがあったのか、詳しく紹介します。

「合わせてこんな人はお金出してまで食洗機買わなくてもいいんじゃないかな」っていう食洗機不要パターンも提案しますね。

食洗機を導入することを迷っている人は、しっかり確認していってくださいね~♪

まどか

食器洗いをストレスに感じている人は多い

食器を洗うことに対してストレスを感じているかどうかのアンケートで、3人に1人以上が「ストレスを感じる」と答えた結果が出ているようです。

あなたはどうですか?

食器洗いは気分よく行えますか?

まどかはどうなの?
料理は好きだけど、食器洗いは好きじゃないな。子ども生まれてからは、激しくストレスを感じる時もあったかな。

まどか

食器洗いは1日に何回も訪れるイベントなので、タイミングによっては時間や心に余裕が持てない時もあります。

まだまだ赤ちゃんである娘が、

眠たいよ~!

遊んでよ~!

抱っこしてよ~!

とぐずっていても、どうしても食器洗いだけは終わらせておきたい時もあるため、食器洗いはストレスでした。

その他にも、こんな時ストレスを感じる人はいるのではないでしょうか。

  • 冬の寒い日は水が冷たい
  • お湯で洗うと手荒れがひどくなる
  • 旦那が全く洗ってくれない
  • 家族がいるから、洗っても洗ってもコップが流し台に並ぶ
  • そもそも片づけが嫌い
  • お弁当を持って行く家族がいるので、夜の洗い物が多い

食洗機を使うことで得られる精神的メリット

食器洗いにストレスを感じている人は3人に1人とアンケート結果があるようですが、私はもっと多い気がします。

ストレスを感じているのであれば、やっぱり食洗機を導入するメリットは大きいと思うのですが、食器洗いにストレスを感じている1人である私が食洗機を使うようになったことで感じたことを踏まえて、精神的メリットを紹介していきます。

「食器洗いから解放されるって、こんな気持ちになるんや~!」

と参考にして頂けたら幸いです。

メリット①:家事ばっかりやってる感が減る

今は子育て&主婦してるので、家にいる時間が長いので、3食家で食べることがほとんどです。

娘と共に朝ごはん食べたかと思えば、もう昼。

お昼ご飯食べたかと思えば、夜。

そのたびに、一日中料理と洗い物しとるんちゃうか?っていう気になります(笑)

でもその中で、嫌いな洗い物がなくなるだけで、「家事ばっかりやって1日が終わる~(涙)」という感覚が減りました。

メリット②:私ばっかりやっている感が減る

夫婦共働きであったり、どちらかが家庭に入っていたり、大きくなった子どもがいたり、両親と同居したり。

いろんな家庭があり、誰が洗い物するかはその家庭それぞれかと思いますが、誰が洗い物をしようと自分が洗う機会が増えてくると「私ばっかり洗い物やってる~!」という感覚になるものです。

私の旦那は、家事育児に超積極的で(ありがとう~!)洗い物も率先してやってくれようとするのですが、私が出産を期に専業主婦になってからは『あ、いいよ、私やるやる!』と言ってしまいがちでした。

自分で私やるよ~!と言ったくせに、『私ばっかりやってる~!』と勝手にイライラしてました(笑)

え・・・そうだったの!?

でも、食洗機導入後は、ストレスフリー♪♪♪

もちろん食洗機で洗えない食器や、一度に食洗機に入れれなかったいくつかの食器は手洗いもしますが、「この大量の食器たち今から洗うの~?(涙)」という状況はなくなりました、ワッショイ!

メリット③:寝る前に、コレ洗うの明日でいっか♪と思える

食洗機がない時期は、流し台にコップが3つ並ぶようなことがあれば、

「明日朝起きて洗わなきゃいけないモノを見るのが嫌だから洗おう」

という気分になっていたのですが、今は

「あ~、このコップたちは明日の朝ごはん後のターンで食洗機回せばいっか♪」

と、楽観的に考えられる余裕が出来ました。

嫌なことは寝る前に終わらせておきたい!と思ってしまっていたのですが、そもそも私が洗うわけではないので、コップが置きっぱなしであろうとなかろうと、どうでもよくなりました(笑)

メリット④:自分以外の使った食器も寛容に扱える

例えば旦那さんの帰宅が夜遅い家庭の場合、旦那さん以外の食事と食器の片づけが終わった後に、旦那さんの食器を洗わなくちゃいけないんですよね。

バイトで帰りが遅くなる息子さん娘さんがいる家庭にも当てはまります。

そんな時「あ~、自分の分は終わったのに、また洗い物がたまってる~!」とストレスを感じる奥様も多いかと思います。

そんな時も食洗機が洗ってくれると思ったら、追加の洗い物もどーんと来いです♪

メリット⑤:出かける前の時間がない時も焦らずにすむ

小さい子どもがいる家庭だと特に、

「出かける前にうんちした~!」

「お茶こぼした~!」

「急にぐずりだした~!」

出かける前にバタバタしてしまうことは多々あります。

小さい子どもがいなくても、「今日は出かける予定あるのに寝坊した~!」と時間に余裕がなくなることはありますよね。

そんな時も、出来れば洗い物は終わった状態で出かけたい!そんな主婦は多いかと思います。

食洗機があれば、「出かける時間まであと5分しかない~!」っていう時も、食器をセットして潜在を入れて、スイッチON!で全て解決♪

返ってきたら乾燥まで済んだ食器が待っていてくれます♪

この前の休日も寝坊しちゃって、30分でご飯作って、娘にご飯食べさせて、自分も食べて、着替えて、化粧して、娘を着替えさせて、食洗機のスイッチONして、お出かけしました。

まどか

今度はもっと余裕をもって起きなきゃね(笑)

食洗機が不要な人のパターン

ここまでは、食洗機めっちゃ便利~!という内容だったのですが、食洗機が不要な人のパターンも紹介するので、食洗機導入の参考にしてみてください♪

パターン①:食器洗いが苦ではない

これは本当に尊敬なのですが、食器洗いに対して全くストレスを感じていない人は、食洗機はいらないかもしれませんね。

使う分の食器を洗って乾かすスペースを確保できる場合や、洗いながら布巾で乾かしながら棚に片づけながら洗う場合は、食洗機は必要ないでしょう。

パターン②:あまり自炊をしない

外食が多かったり、お弁当やお惣菜をお皿に移さずに食べることが多い場合は、あまり洗うものがないので、食洗機が活躍する機会が少ないですよね。

食洗機導入にかかる費用分で、どこか美味しい食事に行ったり旅行に行った方が有意義かもしれません。

パターン③:食洗機のクオリティを信用できない

食洗機は手で洗う時も高い温度で洗浄できるため、けっこうキレイに洗うことはできますが、洗い残しは時々あります。

食器はしっかり洗いたいよ!っていう人は、食洗機不要パターンの1つです。

ただし、乾燥機能だけ使うのもアリです。

パターン④:食洗機に使えない食器を使うことが多い

手作り感満載のオシャレな陶器などは、食洗機NGのものが多いです。

そのため、陶器市で食器をそろえるのが好き~!という人は、そもそも食洗機で洗える食器が少ない可能性があります。

今一度食器棚をご確認ください。

パターン⑤:とにかく収納場所を増やしたい!

食洗機を導入するとなると、それなりにスペースが必要になります。

キッチンに備え付けのビルトインタイプだと、食器や料理器具をしまう場所が減るっちゃ減ります。

パントリーがない場合は、収納スペースって貴重だと思うので、持っているものを減らすか、食洗機を諦めましょう。

まとめ

  • 食洗機導入するかしないかで、光熱費は『大損はしないけど、恩恵も気づきにくい』
  • 食洗機を使うことで、家事ばっかりやっている感や、私ばっかり洗い物してる感から解放される
  • 洗い物をしなくていいだけで、心と時間に余裕が出来る
  • 外食が多い人や、食洗機のクオリティを信用していない人は食洗機が不要なパターンかも

キッチンに備え付けるビルトイン型の食洗機は、10万円程度が相場のようです。

「今日も家事がんばったから、コレ買っちゃおう~!おいしいモノも食べちゃお~!」

など、家事のストレスにより余計な出費が増えるなら、初期投資で食洗機買った方がコスパいいです。

なにより、ストレス因子を減らすことで、気分が良い時間を増やすことが出来ます。

家族にも自分にも優しくなれるツールとして、食洗機はメリットが大きいですよ♪