『汚部屋時代』を脱出して激変した価値観|モノ、時間、お金、服、食べ物、人に対する思いの変化

 

足の踏み場もない汚部屋時代を経験した主婦、まどかです。

片付けられない時期を乗り越え、片付けや断捨離が大好きになった今は、昔よりも丁寧に暮らすことが出来ていると思います。

そんな私が、汚部屋時代のころと、片付けられるようになった今で、激変した価値観について紹介したいと思います。

部屋の状態って、その時のメンタルを表すとも言われていますが、暮らし方や価値観とも連動していると私は感じます。

まどか

片付けが出来るようになると、モノ、お金、服、時間(生き方、過ごし方)、人との付き合い方に対する価値観に、どんな変化をもたらすのか、1つの参考にしてみてください。

どんな風に片付けられるようになっていったのかは、随時記事を書いていきたいと思います。

汚部屋時代って、どれだけ散らかってたの?
え、なんて?よく聞こえない。

まどか

クローゼットのハンガーを統一したい!コストコのノンスリップハンガーがコスパ最高だった

モノ

まずはモノ全般について。

汚部屋はとにかくモノが多い!

片付けが出来る人からすれば、捨てればいいじゃん!って思うかもしれませんが、私にはモノを捨てるという発想がありませんでした。

汚部屋時代の価値観

  • とにかくモノが多い方が自分の価値やステータスが高まると思っていた
  • モノを大事にするということは、そのモノがボロボロになるまで保有すること
  • お気に入りのモノこそ長く保有するために、使わないでおく

片づけられるようになった今の価値観

  • 自分にはもともと存在価値があるから(自己肯定感)モノとステータスは関係ない
  • お気に入りのモノは年齢や季節、環境によって変わっていくものだから、今気に入っているものはすぐに使うべき
  • モノを大事にするということは、大事なモノより強く認識すること

 

大事なものをより強く意識するためには、気分を高めてくれないモノはたとえ未使用であっても手離しましょう。

そして、宝箱に保管するのではなく、いつでも見れる&使える環境におくことが大切です。

モノを自分の一部だと思っていたり、モノが多いことによる不自由に無頓着でした

まどか

ちなみに今のお気に入りのモノはコチラです!

キッチン前のカウンターと、椅子♪

椅子の商品情報

『イームズチェア 木脚 DSW サイドシェルチェア』です!

色の種類は豊富だし、木の色や素材もたくさんあり、迷いに迷ってお気に入りをGETしました♪

楽天でイームズチェアの商品一覧をチェックする

Amazonでイームズチェアの商品一覧をチェックする

 

時間(生き方、過ごし方)

時間というのは、どのように時間を過ごすのかというニュアンスで考えていきたいと思います。

そのため、生き方毎日の過ごし方気持ちの持ち方についての価値観の変化を紹介していきますね♪

汚部屋時代

  • とにかく頑張っている(我慢や無理をしている)ほど自分が成長できる
  • とにかく頑張って過ごすのが正解だから、今日もがんばる!

片づけられるようになった今

  • 幸せを感じる時間、気分がいい時間をどれだけ増やせるかが人生を幸せに過ごすコツ
  • ラクに、楽しく、効率いい方法が正解

 

俗にいう『頑張り屋さん』タイプでした。

頑張った先に何があるのか?という目的地があいまいだったし、「頑張っていないと誰かに責められている気がする」という軽い強迫観念もあった気がします。

頑張るというのは、目的地がハッキリしている時に発揮する技であり、しかも楽しく夢中で出来ることじゃないと、ただの苦労です。

ご機嫌でいることが、何よりも社会貢献だと今は思っています!

まどか

お金

お金に対する価値観って、本当に人それぞれ違いますよね。

私は昔と今で、大きく価値観が変わったし、今後もしっかり考えていきたいと思っています。

汚部屋時代

  • とにかく貯金
  • なんとなく貯金
  • 保有する金額が増えるほど嬉しい
  • お金のため方ばかり試行錯誤していた
  • とにかく安いものを求めた

片づけられるようになった今

  • お金の使い方を考えるようになった
  • 値段だけでなく、使う回数や使うと時の気分をよく考えてモノを買うようになった
  • モノより経験にお金を使いたい
  • 貯金にも目的を持つようにする

お金については、貯めることばかりに気をとられ、肝心の使い方についてあまり考えられていませんでした。

今年出費した中で、『これにお金使ってよかった!』と思う一番よかった出費はなんですか?

また、人生で一番よかった出費はなんですか?

それぞれTOP3をパッと言えるくらい、良いお金の使い方をしたいものです。

汚部屋族の女性は特に服や鞄など、溜めこんでしまうかと思います。

私もそんな1人でした。

汚部屋時代

  • とにかく服をたくさん持っている方がおしゃれ
  • 服は毎日違うモノを着る方がおしゃれ
  • いろんなジャンルの服を着ていた方がおしゃれ
  • 流行りを取り入れるのがおしゃれ
  • クローゼットにたくさん服があるのがおしゃれな人
  • セールには参加
  • 福袋はもちろん購入
  • 着てない服もとりあえずクローゼットに入れておけば服の数が増える=おしゃれ

片づけられるようになった今

  • 1番自分が似合うコーディネートを着ているのがおしゃれ(同じ服を繰り返し着るのでも良い)
  • 似合うコーディネートは、同じものを再度買ってもOK
  • 似合う形の服に出会ったら、色違いを購入
  • 朝着てみて、あ、これ違うって脱ぎ捨てた服は捨てる
  • ワンシーズンに2パターンのコーディネートを買い、着つぶすと毎年、毎シーズン、一番お気に入りの服を着まくれる

めーっちゃ似合うお気に入りのコーディネートって、せいぜい3パターンくらいで、残りのコーディネートは「似合うけど、1番のお気に入りではないから、ここぞという時には着ない」というパターンなのではないでしょうか?

ぼちぼち似合う服をアレコレ着るよりも、1番似合う服を毎日着たいと思うようになりました。

その服、昨日も着てなかった?
いいのいいの、お気に入りだから毎日着るの♪

まどか

昨日の焼き肉の匂い残ってるよ、さすがに洗おうよ

食べ物

汚部屋時代は、最高62kgあった体重は現在55kgをキープしてます。

食事への価値観の変化が、自分のスタイルにも良い影響を与えてくれているのを感じます。

汚部屋時代

  • 食器?なんでもいい
  • でもたくさん持ってる方がおしゃれだから、食器はたくさん保有
  • でもでも、一番お気に入りの食器を使うと割っちゃうのが嫌だから、大事な食器は使わない
  • 盛り付け方とかナニソレおいしいの?

片づけられるようになった今

  • 見た目も食事を楽しむ要素
  • 1番お気に入りの食器を使う
  • どこに食べに行く?に対して『ここ食べに行きたい』と必ず意見する
  • 自分の行きたいところ、食べたいものはいつでも答えられるくらいに自分の『やりたい』『欲しい』『食べたい』に敏感でいる
  • なるべく自分で手作りをする
  • 誰と一緒に食べるのかも、大切にする

食べ物を飲み込んで胃を満たすだけでなく、見た目や食事の時間そのものを楽しむことを意識するようになったから、量を食べなくても満足感があります。

おかげで、肌の調子がよくなったり、体重をキープできるようになった気がします。

人との付き合い方

人との付き合い方って、大人になっても難しく感じる時が多々ありますが、汚部屋時代のころよりも人付き合いが楽になりました。

汚部屋時代

  • 人の誘い、頼まれごとは断らない(断れない)
  • 人からどう思われてるか気になる
  • 人に合わせて生きてるから、人と会うと疲れることがよくある

片づけられるようになった今

  • 気取らずありのままの自分で接するから、人と会っても疲れることが減った
  • ありのままの自分を理解し大切にしてくれる人は、めちゃくちゃ大事にする
  • 悪口言う人には近づかない
  • 失敗したこと、恥ずかしかったことを笑って話せるようになったら、人付き合いが楽になった
  • 家族や心友など、大切な人以外からの視線は噂など、どうでもいい

人から好かれたいって思うのは、人間の性みたいなところはあると思いますが、人からどう思われているか気にして生きるよりも、人の良いところ・好きなところを見つけることを意識した方が、心が豊かになれます。

まとめ

部屋の状態というのは、モノの多さや片づけの技術、整理整頓への積極性だけでなく、モノ、時間、お金、服、食べ物、人などの価値観とも密接に関係していると言えるでしょう。

私のように片づけたりモノを捨てるという考えがないまま育った人は、ただ単にきれいな部屋を提供してもらっただけでは、その部屋をキープできません。

自分の価値観や考え方を幅広くさまざまな観点でグレードアップしていく必要があると言えます。

グレードアップしていくためには、他社の考え方をインプットしたり、不要なモノを減らして「気持ちいい!」と思える体験をするなど、素直に聞き入れたり行動することが大切だとは思いますが、いっきに価値観を変えることは難しいですよね。

生まれてから長年汚部屋に住んでいたのに、なぜ片づけが出来るようになったのかは、ブログで詳しく紹介していきますね!

まどか

一応、心境や価値観の変化の流れについては、コチラの記事に書きましたが、もっと読みやすく、読んでくださる方のプラスになるよう書き直したいと思います。

シックに生きたいと思うまでのストーリー①

シックに生きたいと思うまでのストーリー②「ぼくたちに、もうモノは必要ない。」を読んで、ものを大事にする意味を知った。

シックに生きたいと思うまでのストーリー③「服を買うなら、捨てなさい」を読んで、服をたくさん持てばオシャレという考えが変わった。

 

クローゼットのハンガーを統一したい!コストコのノンスリップハンガーがコスパ最高だった