夢中になれる大人のぬりえ。ストレス解消、癒し効果大。

時間を忘れるくらい夢中になれるものがあればあるほど人生は豊かになりますよね。

友達とカフェをしたり、おもしろい本を読んだりしていると「え?もうこんな時間?」っていうことは多々あります。

(友達と家で喋っていたらあっというまに11時間たっていたなんてこともありました。笑)

私の場合、そんな夢中になれることの1つにぬりえがあります。

色をぬることでクリエイティブなわくわく感も味わえますし、色にも癒されます

また黙々と塗っている時間は瞑想に似た感覚になることもあり、ストレス解消にもなります。

そして今は「大人のぬりえ」と言われている下絵に芸術性があるぬりえが流行しています。

本屋さんでも「大人のぬりえ」コーナーは多々みられますよね。

出版されている数が多いので、自分のお気に入りを見つけるのも楽しいです。

そんな数あるぬりえの中で私が購入したのはこちらです。

ジョハンナ・バスフォードのひみつの花園♪

本タイプももちろん売ってたけど、私はあえて1枚1枚切り離せるタイプのものをチョイスしました。

ぺりぺりっと1枚ずつはがして塗れます。

本タイプだとどうしてもページの境のところがうまく塗れなかったり、本の厚みで端っこが塗りにくかったりしそうで・・・。

また紙も少し分厚いため、ページ数は本タイプよりも少なめ。

でもいいんです、私飽き性なのでページ数少なめでも塗りきれないです、多分(笑)

飽き性の私がコツコツ塗った子たちはこちら

あと何枚かは塗りましたが、まだまだページあります(笑)

しかも1枚塗ったら飽きて、次のページを塗るのにしばらく期間があきます。

それでもまた夢中になる時期が来るので、その時期をぬりえたちは本棚で待ってくれています。

 

この塗り絵は色鉛筆とセットで税込でも3000円をきるくらい。

これだけ夢中になれてこの値段は私としてはお買い得かな♪

色鉛筆は24色のものを使っていますが、100色とか使ってみたいです。

ただ100色も買っても飽きる可能性大なので、ひみつの花園を全ページ塗ったら購入しようかと思います。