母乳を吐いても、赤ちゃんの着替えいらず。子育て便利グッズ。

 

3月に生まれた娘も、もう生後1ヶ月半になりました。

赤ちゃんの毎日の成長は嬉しいものですよね。

抱くたびに、あれ?また大きくなった?と感じます。

しかし赤ちゃんのお世話は楽しい反面、ハプニングもつきものですよね。

特に起こりがちなのが、母乳のリバース。

吐く量が多かったりタイミングによって、赤ちゃんの服の着替え、布団の洗濯、自分の着替え、床の掃除など結構負担が大きいハプニングです。

特に自分も眠たい夜間に吐くと、ガーン!!です・・・。

もちろん赤ちゃんも何度も着替えたり体を拭いたりされるのは負担だと思います。

 

そこで、何か対策は出来ないかと思って買ったのが、ガーグルベースン

介護や看護に携わっている方は見慣れていると思いますが、こちらはベッド上で歯磨きをする時にうがい後の水を吐き出すものです。

嘔吐の時も使用します。

私はダイソーでこちらの100円のガーグルベースンを買いました。

 

娘が吐きそうだな!って思ったらすぐに頭を上げてスタンバイ。

こんな感じです。

娘は吐く前に「うっ。うっ。うっ。」と込み上げる音が鳴ります。

間に合えば吐いた物をすべて受け取ることが出来て、被害ゼロ。

うちの娘は噴水のように勢いよく吐く時があるので、少し娘側に傾けるようにして受け止めます。

まぁ、予兆のない突然のリバースや、近くにガーグルベースンがない時もあり、受け止められる割合は五分五分。

それでも2回に1回でも被害ゼロはとってもありがたいです。

そして、すべて受け止められた時の勝ち誇った気分はぜひ経験して頂きたいです(笑)

 

もし使い物にならなくても、100円ならまぁいっか!と思っていましたが、私ならこのガーグルベースンは500円でも買います。

それ以上の値段なら、100均で代用できそうな容器を探します。

ただガーグルベースンはカーブしているため、体にフィットしやすいし、角もないため安全かなーと思います。

 

あと、ガーグルベースンが手元にない時に娘が「うっ。うっ。」としている時は、娘が横向きになるように抱き、あえてフローリングに吐かせます。

服や布団が汚れるよりはフローリングを拭く方が私としては楽なので(笑)

 

どんな方法であっても、あわてて赤ちゃんをけがさせたり、誤嚥するような姿勢にさせてしまうことのないようにすることが大切だとは思いますけどね。

そして苦しそうに吐いた後にスッキリした顔でニコッとされると、母子ともに吐物でベッタベタでも癒されますよね(笑)